インフルエンザの際にロキソニンの使用は可能

WELQ問題がネットを騒がせましたね

医学情報を書く際には慎重にしなければならないですよね。

医療系のニュースと言えば、DeNAが運営する医療情報サイトWELQが間違った情報を掲載していたとして閉鎖に追い込まれましたが、企業倫理として甘いと言わざるを得ないと思います。

私たちもちょっとした疑問であればインターネットで検索して答えを見つけようとすることがあるので、医療者側も情報の真偽については十分に考えなければならないと思いました。

インフルエンザとロキソニン – 製薬会社の知見から –

さて、今回はインフルエンザとロキソニンの話題。

インフルエンザになった時に、市販薬や処方されたロキソニンを使用して良いかは迷うところですよね。google 検索でもたくさんの人が検索しているみたいです。

さて、医学的にちゃんとした根拠に基づいた答えは

ロキソニンはインフルエンザに使用しても良い(ただし小児や一般的にダメとされている場合は除く)」ということになります。

さて、これは第一三共株式会社が発売している市販薬ロキソニンS(ロキソプロフェンナトリウム)錠の添付文書ですが、この中にはインフルエンザについて何も触れられていません。

ロキソニンに対してアレルギーがあるとか、15歳未満とか、腎機能・胃腸障害がある人は飲まないようということが書かれています。

医療情報 up-to-dateの記述では、ロキソニンは小児でなければ使ってok

最新の医療情報を集めたup to dateによると、インフルエンザと解熱薬については下記のような記述があります。

SYMPTOM MANAGEMENT — Acetaminophen or nonsteroidal antiinflammatory drugs (NSAIDs) can be used to treat fever, headache, and myalgia associated with influenza. Salicylates should be avoided, particularly in children below 18 years of age because of the association with Reye syndrome.

(Up To Date “Treatment of seasonal influenza in adults”より

訳)アセトアミノフェンやNSAIDS(ロキソニン含む)はインフルエンザに伴う頭痛や発熱、筋肉痛に使用できる。サリチル酸は避けるべきで、特に18未満の小児ではライ症候群の原因となる

ロキソニンは小児への安全性が確立していない

と書かれています。つまりロキソニンはOKで、サリチル酸(アスピリンとかバファリンとか)はインフルエンザには使えない、特に小児では使えないと言う結論になるかと思います。

まあそもそもロキソニンは小児への安全性が確立しておらず、使用できないのですが。なので普段小児を診察しない我々は、小児の診察に関してはわからないことも多く、結構困ることがあります。

第一三共のロキソニンサイト

第一三共のロキソニン情報のサイトにも、上記と同様の記述がありますので、詳細を知りたい方は是非ご確認ください。

Q.ロキソニン錠・細粒をインフルエンザ患者さんに投与してもよいですか?

A.インフルエンザに対するロキソニンの使用に関し、添付文書には特に注意喚起はしておりません。

さて、ここまでの情報は医師免許を持つ人間か書いたもので、冒頭の適当な人間か書いた適当な記事ではありませんので。。。

ただし、ロキソニンには、一般的に重篤な副作用がありますから、飲み過ぎは危険です。医師の指示に従いましょう。

ロキソニンの副作用

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。