マンションの広告にある「病院まで徒歩○分」というフレーズはあまり意味がない

新築マンションの広告などを見ていると、「病院まで徒歩○分」と言うような宣伝文句を見かけることがありますね。

果たしてその宣伝文句の本当のメリットはどれほどなのでしょうか?少し考えてみたいと思います。

病院に近いことのメリット

1番のメリットは、体調が悪くなったときに、すぐに病院にいける、と言うことでしょうか。

当然20分歩いて病院に向かうよりも、徒歩2分で病院に到着できた方が、メリットは大きいですよね。

ん、でも、ちょっと考えてみましょう。

あなたは1年に何回病院に行きますか?

ただ、問題は1年に何回病院に行くのか、と言うことです。

がんになって、抗がん剤治療を行うとしても、せいぜい病院に行くのは1週間に1回程度ですし、それ以上の通院が必要な状況になれば、基本的には入院になるでしょう。もちろん例外もありますが・・・。

それ以外の、喘息とか、高血圧とか、糖尿病であれば、せいぜい3ヶ月に1回くらいの間隔で様子をみていくことになりますね。

そう考えてみると、健康に生きている人間が、年に何回病院を利用するかということです。

私もここ1年ほど、患者として病院にかかったのは片手で数えるほどしかありません。

病院よりも近くにあってほしいもの

まず近くにあるべきは、鉄道の駅ですね。駅を利用するか否かに関わらず、これはマンションの資産価値に関わってきます。

スーパーマーケットは、誰でも週に1回か2回は利用するでしょう。それよりもコンビニエンスストアであれば、毎日利用すると言う人がいるかもしれません。

学校も同じです。子供がいる世帯であれば、毎日の子供の通学時間というのは大切になってきますね。

そう考えてみると、スーパー、コンビニ、学校の方が病院よりも利用回数が多く、もっと近くにあってほしいものですね。

どの病院に近いか、が重要

さらに広告の中には、「大学病院まで徒歩3分」と言うような広告をめぐっているところもあります。

今や病院の機能分担がどんどん進み、病院に受診するためには、紹介状が必須になってきています。たとえば慶應病院の例がこちらです。

紹介状がない場合紹介状がない場合、医療費とは別に「選定療養費」として5,400円(税込)をお支払いいただくことになります。あらかじめご了承ください。

慶應義塾大学病院ホームページ

そもそも大学病院であれば毎日外来をやっているわけではないですし、上記のように紹介状を持たなければ別途費用が必要です。

ですから、風邪をひいたとか、お腹が痛いと言うだけでは、大病院にかかるのはほとんど現実的では無いのです。

まとめ

マンションの広告で、「病院まで徒歩何分」という広告に関しては、立ち止まって、よく考えてみる必要があります。

その病院は、紹介状なく気軽に受診できる病院であるのか、また1年も何回も病院を利用するような状況であるのかということです。

病院よりも、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ATM、スポーツジム、百貨店、駅、学校、飲食店などの方が利用頻度は高いでしょうから、そちらの方を重要視することも大切です。

高層マンションに住むと流産の可能性が高くなるって本当?

2017.08.02



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。