不動産業者の罠にはまってしまったというエピソード

不動産業者は、あの手この手を使って一緒に不動産を購入させようと仕掛けてきます。

アンケートに回答するとクオカード500円

ある時、医師限定のコミュニティーサイトで、不動産投資のアンケートに答えることによって、クオカード500円が配布されると言うキャンペーンがありました。

クオカードは500円分あったら、ハーゲンダッツのアイスクリームが2つぐらい買えるなぁ、と言うことで、あまり深く考えずに登録してしまいました。

登録する画面には、一般的な不動産投資に関するアンケートのほかに、電話番号を入力する項目がありました。この個人情報の入力が、後々失敗だとわかるのですが、、。

携帯電話に勧誘電話がかかってくるという事態に

翌日からは、1日に何回か電話がかかってきます。

そもそもクオカードに興味があって、不動産投資に興味のない私にとっては、電話は時間の無駄ですから、出るつもりはありません。

けれども何回も電話がかかってきて、何日か後には登録していたメールアドレスから、メールまで来てしまいました。

しばらく放置していると、今度は違う番号から電話かかってくるんです。

インターネットで調べてみると、どうやら最初にアンケートを募集していた企業とは別の企業のようでした。

おそらくは親会社と子会社の関係にあるのか、もしくは不動産投資と言う大きな枠の中で、連絡先を共有しているのでしょうか。

いやはや困ってしまいましたが、そもそも不動産投資に興味がない私は、不動産投資の会社から、と思われる電話番号は、全部着信拒否していきました。

結局クオカードはもらえず

結局500円のクオカード欲しさにアンケートに答えたものの、勧誘電話は無視し続けたので、クオカードもらえませんでした。ああ、なんということでしょう。

果たしてアンケートにちゃんと答えて、不動産投資の勧誘の電話を受けて、ちゃんと500円のクオカードもらった人が何人いるのか疑問なところです。

ただより高いものはない」、と言う諺をかみしめた瞬間でありました。

病院にかかってくる怪しい電話の一覧

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。