住宅ローンはどこから借りるべきか

さて私たち夫婦も、物件の購入を決めてからは、どのような形で住宅ローンを組むかということに色々と思いを巡らせました。

最終的にはとある都市銀行から3000万円を融資してもらう形にしました。

金利は都市銀行の方が安い

最初は自分で銀行を選ぶのも時間がなくて面倒だし、不動産業者の言われるままにしようと思っていました。不動産業者が提示してきたのは地元の地方銀行でした。

そこでは10年固定が1%という金利だったので、住宅ローン減税を考えれば、実質的な負担はゼロになるなぁなどと考えていました。

ところがいろいろな銀行のことを調べていくと、住宅ローンの金利は全体として都市銀行の方がやすい傾向になっています。

考えてみれば当たり前のことですが、東京に本店をもつメガバンクの方が経営体力はあるはずですから、必然的に顧客にとって有利な安い金利を提供することができるはずです。

具体的には、最初に勧められた地方銀行の10年固定の金利が、メガバンクの20年固定の金利とほとんど同じでした。

繰り上げ手数料無料、オンライン対応なども都市銀行に軍配

その他にも私が感じたのは、繰り上げ返済手数料が無料だったり、一つ一つの手続きに対してわざわざ銀行に出向かなくても良いと言うメリットでした。

つまり手続きがある程度オンラインだったり郵送で行える事が大きなメリットだと感じました。

私たちは夫婦共働きで働いているので、銀行の営業時間内に逐一店舗に出向くのはかなりの負担になります。

そのような点では、契約時だけに実店舗に足を運べばよいメガバンクのやり方は非常にありがたいものでした。

これも考えてみれば当然の事なのですが、全国の顧客を相手に経営しているメガバンクの方が、インターネット環境での手続きを整えると言うことに関しては、メリットがあるはずです。

地方銀行を選ぶメリットとは

自分が住んでいる土地の地方銀行のメリットと言うのは、住宅ローンを選ぶ中でよくわかりませんでした。

確かに店舗の数は多いですが、平日の日中に足を運ぶほど残念ながら私たちは時間があるわけではありません

また日々の返済を行っていく中で、わざわざ実店舗に足を運ぶこともないでしょう。

もちろん金利と言う面では、メガバンクとは勝負になっていないようでした。

事業をしてして、決め細い対応とか、事業の相談などが必要の場合には、地方銀行というのは心強い存在なのかもしれません。

ネットバンキングなども有望

都市銀行の他にも、ネットバンキングなどでは、店舗に足を運ばなくとも契約までできてしまう銀行もあるようです。

私たちは最終的には主に金利の面からネットバンキングを選びませんでしたが、場所を選ばず店舗がなくても契約できる銀行として、ネットバンキングも有力な選択肢になり得るのではないかと思います

自分で住宅ローンを借りる銀行を選ぶべき

というわけで、住宅ローンを借りる銀行選ぶ際には、是非不動産業者の勧められるままではなく、ご自分で検討してみることをお勧めします。

不動産業者の言われるがままの銀行を選んだとしても、必要書類を準備するのはご自分ですし、行うべき手続きも同様です。

それに比べれば金利の違いと言うのはかなり大きな金額の変化となって跳ね返ってきます。

私たちもいくつかシミレーションしてみましたが、保証料や諸手続きの金額と言うのは大したことなく、むしろ小数点以下の金利の違いが、トータルの返済額に大きく響いていると言う印象を受けました。

もちろん、このあたりは借入金額に影響を受ける部分ではあると思いますが、詳細は割愛します。

したがって借入額がある程度大きくなるのであれば、住宅ローンの金利だけを見て決めてしまうのも、間違った選択ではないかと思います。



ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。