医学界において出身大学・医学部による差別はあるのか?

医者の世界でたまに話題になるのが、医学部の学閥です。そして学閥と、医師の出身大学による区別・差別というのはよく話題にのぼります。

身の回りではあんまり聞かない話なのですが、言葉の端々にいまだに出身大学が重要性を持っているかもしれない、と思う時があります。

一般社会でも出身大学による差別はある

官界で東京大学法学部出身者が官僚の合格者数で実績がある。官界では東京大学の学閥だけ特別に力があるので東大出身者が有利となり、官僚の出世を左右している。公務員や司法試験の合格者数の統計が良い大学も評価される。

wikipedia

官僚の世界では東大法学部が圧倒的な力を持っているようです。そして、出身大学がその後の出世にも影響してくるようですね。

同じようなはなしが医学界にも存在するかもしれないのです。

出身大学・医学部による差別の例

地方の国立大学を卒業した医師が、地元であるA大学医学部の医局に入局します。

しかしながら入局した大学の卒業生でないために、大学からは遠く離れた病院での勤務を命じられ、なかなか大学病院に勤務させてもらえません。

もちろん最先端の研究にも従事させてもらえず、歩兵として地方病院を転々とせられます。

一方で一緒に医局に入ったA大学の卒業生は、重要な関連病院での勤務を経てA大学病院に戻り、大学院生として研究を行いながら、着実に業績を伸ばしていく。

このような出身大学・医学部のによって同じ大学医局に入ったとしても、その後の人生が変わってくるというのは、昔はよくあったというような話を聞きます。

このような差別が本当に存在するかどうかはわからない

このような出身大学による区別、差別があるかどうかは正直なところ不明確です。

ある関連病院で働いている先生は、「自分の医局の教授は自大学の出身者が好きだから、違う大学を卒業した自分は冷遇された」とおっしゃる先生もいます

またある知り合いの先生から聞いた話では、医局の人事を考えるにあたって、自分の大学の出身者か否かで勤務する病院がかわる、ということもあるとか、ないとか。

一方で医師として働いきた中で、到底出身大学で人事が決められているとは思えないのです。

自分の専門分野においても、他大学出身でありながら有力大学で素晴らしい業績を残している医師もいますし、A大学を卒業しB大学の医局に入局、その後A大学の教授になったというような先生もいます。

本当のところはわかりません。というのも医者の人事というのは大学病院の医局の中でもごく一部の人間だけが権力をもっています。ですからその先生方の本音を聞いてみないことには、本当のところは分かりません。

現実にはほとんどの大学では差別している余裕なんてないと思われる

ただしいまやほとんどの大学では医局の力も相対的に低下傾向にあり、医学部の教授であっても以前ほどの力はありません。

ですから研修医が潤沢に集まるごく一部の大学医局をのぞいて、このような出身大学による差別ができるほど人員がいる大学病院はほとんどないのではと想像されます。

医局の弱体化と関連病院の自立。医局の力は確実に弱まりつつある

2018.01.26

医学部における学閥支配の概要。その現状と未来

2018.04.14

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。