医学部内のカップルから結婚に至る例は多いが、離婚する夫婦もいる




医学部内のカップルは、濃密な付き合いゆえか結婚に至る例が多いかと思います。

しかしそんな医学部内のカップルも、決して離婚しない仲良し夫婦ばかりではないのです

医学部内では濃密な日々を過ごす

医学部の中では、学生たちは濃密な時間を過ごします。

医学部の学生同士で付き合う場合には、授業や実習等は常に同じ顔ぶれで行われますから、すごく親密になっていきます。

それに部活動の関係で先輩や後輩と付き合う場合にも、関係は親密になります。毎回の部活動で行動を共にすることはもちろん、頻繁に開かれる飲み会でも買わせることになります。

さらに部活の友人と一緒に行う合宿や旅行ともなれば、常に行動を共にするわけですから、これまた親睦が深まります。

中には同学年で部活動も一緒、なんていうカップルもいる訳ですが、この場合にはもはや同棲してることが多いかもしれませんね

医学部におけるクラブ活動の概要と、医学部だけの部活が存在する3つの理由

2018.06.21

結婚するカップルは多い

そのような医学部内のカップルですから、学生時代のおつきあいが長ければそのまま結婚に至る例は少なくありません。

結婚しないパターンは、お互いがキャリアを追い求め一緒に暮らすことが不可能になるとか、お互いが自らの地元に戻るから、といった理由くらいでしょうか。

ほとんどの場合には、研修病院や働く場所に配慮しながら、卒業後もおつきあいを続けていくパターンが多いかと思います。

卒業と同時に結婚

医学部時代からの付き合いが長い場合には、卒業と同時に結婚するカップルがちらほら見られます。

ストレートに医学部に入学した場合には若干24歳で大学を卒業すると同時に結婚して行く訳ですから、大きな決断と言えるかもしれません。

卒業してからお付き合いを続けるカップル

医学部内のカップルが結婚するまでのパターンとして多いのは、卒業してからもお付き合いを続け、初期研修医の時代に結婚するカップルでしょうか。

学生から研修医になるにあたって、働く場所などの環境がガラッと変わることがおおいですから、働き始めて落ち着いてきてから結婚、という医学部カップルも多いですね。

ただし離婚する夫婦もいる

濃密な関係で結ばれた医学部内のカップルなのですが、決して離婚する夫婦がいないわけではありません。

医学部の中で濃密な時間を過ごしたからといって、決して2人で仲良く生活しているわけではないのですね。

結婚後1年で離婚した例

ある西日本出身の女医さんは、地方大学医学部に在学中に同じ医学部に在籍する男性と婚約し、卒業後は夫の地元である東京の研修病院で働き始めることになりました。

女医さんからしてみると、縁もゆかりもない東京にやってきて夫と結婚生活を始める訳ですから、まさに夫あっての人生設計となる訳です。

しかしながらお互いに激務ゆえか結婚生活はすれ違いの連続であったようで、結婚してわずか1年ほどで離婚してしまいました。

学生時代にはお互いのことを知り尽くしていたにも関わらず、こんなにも簡単に離婚してしまうのか、と思ったほどです。

医学部の男女関係において観察される困った光景4つ。様々なことが起こり得る

2018.06.15

独身男性医師におくる医師専門婚活サービスのすすめ

2018.06.07

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。