医師国家試験と USMLE step1における出題傾向の相違について

このごろはstep1に関するup to dateな情報を提供できておらず、誠に申し訳なく思います。

現役step1受験生ではないのでこれ以上のstep1の情報は提供できないのですが、受験を考えている皆さんには、過去のページを適当にクリックして何かしら有用な情報を見つけて頂ければ幸いです。

最近の動向はといいますと、授業からも実習からも解放され、平日は朝から晩まで勉強し続けるという受験生の生活を送っているのであります。

個人的にはこの国家試験のための勉強というものはそんなに苦ではなくて、テコムにしろメックにしろQBにしろ、受験生が最低限やるべきことをやっていれば何とか合格(=資格を取得)できるわけで、言ってみれば我々の生活はノルマ付きのデスクワークとなんら変わらないと思います。

そう考えてみると、国家試験の受験勉強で大切なのは、適度な息抜きをしつつ良好な精神状態を保つことなのでしょう。ちなみに相対評価されてしまう大学受験やStep1はこの限りではありません。

さて、本題に入ります。国家試験の学習もある程度まで進んできて感じるのは、Step1は医師国家試験の出題傾向に比較して

・生化学、薬理学、微生物学の出題が多い。
・生化学分野では、一般的な反応経路について詳しく問われる。
・薬物の一般名、副作用について詳しく問われる。
・各微生物について幅広く知っている必要がある。
・行動科学という独特の分野があり、Personality disorderについての出題が多い。

・病態生理を深く考えさせる問題は少ない。
・全体として知っておくべき疾患は少ない。
・Xp、CTなど画像診断を求める問題は少ない。
・禁忌肢がない

という傾向があります。

やはりStep1は基礎知識を問う試験であり、基礎医学分野に関する出題が多いようです。対して国家試験の重点は病態生理を深く考えさせる事にあるらしく、問題文は長い上際どい選択肢を備えた臨床問題などが出題されます。

Step1とUSMLEの出題範囲は完全な重なりをみせることはなく、国家試験の勉強ばかりしていたからと言ってStep1で高得点が保証されるわけではありませんし、その逆も然りです。

より臨床的思考力が試される出題は国家試験の方が多いと感じられますので、暗記モノが多いstep1を受験してから国家試験対策に進む方が、トータルの効率は良いように感じられます。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。