医者が行うアルバイトとはどういうものか。その時給は1万円以上が相場

医者の世界にもアルバイトという言葉があります。

アルバイトと聞くと「時給1000円くらいかぁ」と思ってしまいがちなのですが、医者の場合の時給はだいたい1万円くらい、下手すると5万円くらいにもなります。

ここでは、医師が行うアルバイトについてご紹介したいと思います。

医者が行うアルバイトの定義

医者が行うアルバイトの定義は明確ではありません。多くの場合はフルタイムでない勤務形態と捉えておけば大きな間違いはなさそうです。

子供を持った女医さんが、近くの病院で午前中だけ週3日働くとか、有り余る資産を持った医師が、検診業務を3日間だけこなす、などは典型的な例です。

そのほか中小病院では、夜間休日に病院に泊まり込み、入院患者の対応を行う医師が必要になります。

常勤医師の負担を軽減するために、他の病院、特に大学病院に勤務する医師がこのような当直業務を行うのも、アルバイトの一つと言えるでしょう。

アルバイトの種類

医者が行うアルバイトにも、いくつか種類があります。

検診で勤務するようなアルバイトの形態は、その場限りの1回きりですから、いわゆるスポット勤務と言えるでしょう。

また、学会などで病院に医師の欠員が出る場合に、1回きりの外来勤務をする場合も、スポット勤務と言えるでしょう。

一方で週に1日だけ近くの病院に勤務するとか、週に1日だけ、ある病院の当直業務を行う、というスタイルもあります。

厳密にはこれは非常勤職員の扱いかもしれませんが、週に何日かだけ、毎週働くアルバイトの形態もあります。

上部消化管内視鏡をする消化器内科向けのアルバイトとか、整形外科外来をする整形外科向けのアルバイトなど、専門性が要求されるアルバイトもあります。

もちろん、検診業務や当直バイトのように、医師免許さえあれば務まるアルバイト業務よりも、専門性が要求されるアルバイトの方が、若干だけ給与は高くなっていますね。

医者にとってアルバイトが必要な理由

家庭の事情、家族の事情

子育てや介護の理由で、フルタイムで勤務を行うのが難しい医師も多くいます。そのような先生にとっては、短時間の勤務で働くことができる求人があるのは魅力です。

お子さんがいる女医さんの場合は、現実的にフルタイムで働きながら当直や時間外労働、休日の当番、呼び出しなどをすべてこなすのは不可能ですね。

もちろん病院側の理解があれば、いろいろと勤務を免除してもらうことも可能でしょうが、理解がある病院ばかりではありません。

そのような場合には、たとえば子供が小さい間だけは、アルバイト勤務をするということが必要になってくるわけです。

大学病院の事情

下記で詳しく解説していますが、大学病院に勤務する医師の給料は非常に安くなっています。

大学病院のお給料は不当に安い。その現状

2017.01.27

役職がなければ、毎月の給料は手取りで20-30万円くらいです。税金の支払いとか諸々の出費を考えると、アルバイト勤務で大学病院の他からも、給料を稼がなければなりません。

年齢にはあまり関係なく、専門性のある外来とか、アルバイトの当直など行って、ある程度の金額を稼ぐ必要が出てきます。

アルバイト勤務だけて食べていくことも可能

常勤医師として一つの病院に勤務するよりも、アルバイト勤務をいろいろとしながら、働く方が、トータルの給料が多くなる場合もあります。

常勤とアルバイトだと、アルバイトの方が稼げる医者の不思議

2018.02.21

多くのアルバイト勤務の相場は、専門の外来などであれば1日10万円、夜間の当直業務であれば平日は4-6万円、休日は8-12万円くらいになります。

仮に10万円の日給で1年のうち半分の150日、つまり週3日勤務でざっと1500万円も収入を得られるわけです。もちろんアルバイト勤務であれば、残業とか時間外の勤務、呼び出しなどもありません。

いかに、アルバイト勤務を続ける方が、給与面でアドバンテージがあるか、お判りいただけると思います。ですから、「アルバイトしてます」という医者を見かけても、決して貧乏な医者と思わない方が良いですね。

まとめ

医者のアルバイトについて考察してきました。

常勤やフルタイムよりも楽に働けてお金が稼げる、それが医者のアルバイトなのです。

常勤とアルバイトだと、アルバイトの方が稼げる医者の不思議

2018.02.21



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。