医者が行う飲み会で店を選ぶときに注意したいポイント3個。お店選びは難しい




病院の中では、送別会や歓迎会などで飲み会が行われることがあります。

病院全体で行われる忘年会や新年会、公式な宴会などの場合には、病院全体として大きな会場をおさえてくれますので、雑用係の若手に仕事が回ってくることはないのです。

一方で病棟単位や診療科の医師単位の場合には、飲み会の場をセッティングするのは、たいていは若手医師になるわけです。

そのような場合には、飲み会の会場を選ぶのにも一苦労するわけです。

大学病院の医局でやっているイベント一覧。新年会から忘年会まで

2017.12.23

料理の質が満足できるものか

まず1つ目の問題が、レストランや居酒屋で出される飲食物の品質が、参加者の舌を満足させられるレベルであるかどうかと言う事ですね

ベテラン医師の中には、食事についてかなり気合を入れている先生もいますから、それらの先生の舌を飽きさせない程度の飲食店選びスキルが求められるのです。

グルメでなくとも、全国展開しているようなチェーン店では流石に満足できない医者が多いですから、地元の美味しいお店でかつ食べログで評価の良い店を探したりする必要があるわけです。

グルメな医師もそうでない医師もいる。医師はグルメなのか?

2016.07.14

大人数で使用できる個室があるか

医者5人くらいのうちわの飲み会だとどこでも良いのですが、部長や教授が出席する10人以上の飲み会になると、やはり個室が必要になってきます。

会の始まりと終わりには乾杯の挨拶みたいなものがついてきますから、ガヤガヤとるさいオープンスペースよりは、静かに話が聞ける個室の方がベターですよね。

上にも書いた通り料理の質を追求すると、どうしてもこぢんまりした飲食店が多いですから、小規模であることが多いので、10人は大丈夫でも20人となると厳しくなったりするところも多いですね。

料理が美味しくて、チェーン店ではなく、ある程度の団体人数も受け入れてくれる個室のある飲食店となってくると、ほとんど数は限られているのが現状です。

場所が病院から近いか

もう一つの問題が、場所です。たいていの飲み会は、平日の勤務終わり、特に金曜日に開催されることが多いですね。

外来や手術、患者対応などで初めから全員が揃うことなんて滅多にないというかほとんどないのですが、それでも平日に飲み会が開催れるのです。

病院から近く、お料理もおいしいものが提供され、ある程度人数の入れるお店があれば良いのですが、そういう飲食店なんて絶滅危惧種ですね。ほとんどありません。

あまりにも病院から遠いところの飲食店だと「○○先生〜、ちょっと店遠いな〜」なんて嫌味を言われてしまう可能性もありますから、要注意なんです。

まとめ

一般企業と同じように、若手医師も飲み会の会場選びでいろいろと迷うところがあるのですね。。

業務とは全く関係のない領域でいろいろと気を使わなければならないのは、困ったもんです。別途「宴会会場選び」みたいな手当の支給があってもいいような気もしますよね。

医者は学生がいる飲み会に参加して説教をしてはいけない

2018.02.14

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。