医者と引っ越し

年度終わりも近づいてきて、どこの医局でも4月からの勤務場所が決まった形かと思います。今住んでいるところから近いところであれば問題ないのですが、遠い病院に勤務地が決まった場合には、引っ越しをしなければなりません。

医者の場合は近くまで引っ越す必要あり

医者の場合は、病院で当直をしたり、当番が当たれば病院にすぐ駆けつけられるようにしなければなりません。

したがって若いうちは通勤時間1時間とか、40分と言うような病院には勤めることは、現実的に難しいです。その場合には病院の近くに引っ越すことが必要になります。

私の同期の先生でも、住んでいる場所から電車で40分ぐらいかかる病院に決まった先生がいますが、泣く泣く単身赴任することにしたようです。これがやはり医者のちょっと辛いところであって、サラリーマンであれば全く問題ない距離であっても、引っ越しをしなければならない場合があります。

私の知り合いの医師は、通勤時間30分では、すばやく病院に駆けつけることは難しいとの理由で、病院のすぐ近くの病院に引っ越して行きました。

これは地方に勤務している場合はもちろんのこと、首都圏でも例外ではなくて、電車での純粋な乗車時間が30分を超えるとなると、引っ越すということを少し考えなければなりません。

中には新幹線通勤している教授もいるそうですが、これは教授とか、部長だけの特権ですね。まあそれくらいの役職の人間であれば、病院の近くに良いマンションを一括で買えてしまうものだとも思いますが。

医局派遣によって医者もいろいろな病院で勤務する

引っ越し代は自腹

そんな医者にとってはなじみのある引っ越しなのですが、その引っ越し代も色々と悩みの種です。

大学病院から民間病院に移動する場合には、引っ越し代は大抵負担してくれることが多いです。したがって引っ越し業者もふっかけてくるようで、同一都道府県内の引っ越しで50万円という見積もりがあった、というような先生もいました。

民間病院側にとっては、たとえ医局派遣であってもわざわざ医者が来てくれるわけですから、引っ越し代を負担しないわけにはいかないのでしょう。

一方でこれが民間病院から大学病院に移動する場合には、状況は異なります。

大学病院と言うのは非常に身分が不安定で、福利厚生と言うものが全くないような状況なので、引っ越し代は自腹になります。大学側が引っ越し代を負担してくれるということはまずないと言っていいでしょうね。

なので今度は逆に、いろんな引っ越し業者に見積もりをとって、安いところを選ぼうとするわけですね。引っ越し業者もそのあたりの足元は見ているようで、「他の会社には見積もり出されました?」など、価格調整をしようとしているようです。

つまり引っ越し業者の提示する値段というのもほとんど言い値みたいなもんで、交渉する余地は十分あると思われます。

病院の異動には気を使う

病院の上司が、やや頭のおかしい先生であれば、有給休暇を全部消費すると言う事は許されず、非常に無茶な日程を立てなければならない場合もあります。

ある病院に勤務している先生は、3月31日に病院で勤務を終えた後に、新幹線に乗って移動し、4月1日から別の病院で働き始めると言うブラックな環境だったようです。

ではいつ引っ越しをするのかと言うと、3月の最終週の週末に引っ越しを行い、1番最後の週はホテル住まいと言うわけですね。

私自身も、引っ越しと言うことに関してはあまりいい思いではありません。

忙しい日々の中で引越しの準備をしなければなりませんし、大学病院に戻るとなればそのお金も全部自分で負担しなければなりません。医局の命令なのだから、当然大学病院が負担すべきだとは思うのですが・・・・。

引っ越さなくてもいいようにある病院にそろそろ永久就職したいものです。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。