医者のクリスマスについて

クリスマスが近づいてきましたね。

恋人がいない人はクリスマスに向けて恋人を作ろうとし、恋人がいる人はどのようなホテルに泊まろうとか、どのようなレストランに行こうとか、どういうプレゼントあげようかとかいろいろ迷うところです。

病院の中でも、クリスマスにはコンサートが開かれたり、特に食事制限のない患者さんにはチキンが提供されたりと、しっかりとクリスマスを感じることができます。

仕事を始めた頃は、クリスマスイブは毎年のように仕事や当番が当たっていました。そもそもクリスマスイブが平日のことも結構ありましたからね。

研修医1年目の先生にとっては、働き始めて初めてのクリスマスイヴで、多くの人が当番に当たっていたりして今もお仕事している事かと思います、是非頑張って貰いたいものです。

病気は人を選ばない

しかしながら病院や病気は日時を選びません。

キリスト教の総帥が生まれたこの日くらい病から解放してほしいものですよね。

現実そうなっていないということは、宗教にも限界があるということですかね。

病気になって病院に運ばれてくる人が後をたちません。ぜひそのような困った人たちのために力になってほしいものです。

クリスマスは当直になることもある

医者にとってのクリスマスって結構微妙なんですよね。

私も医者になってから数年間の間は、下っぱということもありクリスマスに当番や当直を当てられていました。

確かに先輩の先生方は奥さんも子供もいて、クリスマスに家を空けるということが許されなかったのでしょうか。

当直でなくとも当番にあたることがある

当直ではなくても、病棟の当番などが当たる場合もあります。

この場合は結局病院に呼ばれたら、どこにいたとしても病院にいかなければならないので、ホテルやレストランにもちょっといきにくいんですよね。ましてやお互い医者だと確率は倍になってしまうわけですから。

ディナーを途中終了した友人

私の友人で、クリスマスの当番がどうしても外せず、かといってクリスマスをエンジョイするのはきらめたくないがゆえ、クリスマスディナーに出かけて行った友人がいました。

その友人曰く、店に入って前菜が到着したところで病院のPHSがなり、病院に呼ばれてしまったとのこと。もちろんクリスマスディナーを食べている最中だからいけないと言い訳できず、その場のディナーをあきらめて病院に向かったそうです。

友人は仕事を忠実にこなした医者として尊敬されるべきですが、残された彼女はたいそうご立腹で、その後の関係も上手くいかず結局別れてしまったそうです。

確かにクリスマスの日にレストランに1人残された女性の身になって考えてみると、怒ってしまうのは当然のことですよね。

このあたりは、女性の仕事に対する理解が必要になりますでしょうか。

ということで私たち夫婦は、クリスマスのディナーにはもう何年も行っていないように思います。

レストラン・ホテルは高すぎる

上にも書いた仕事の事情に加えて、値段も高いことからクリスマスイブにレストランやホテルに行く事はほとんどありません。

クリスマスイブのあたりになると、普段はリーズナブルなイタリアンやフレンチのレストランも、急にクリスマスコースと銘打って高くなったりします。

本当にガッポリ儲けようとしているところは、2部制とか3部制とか言って2時間おきにテーブルをローテーションさせています。

レストランからすれば儲けを出すために必然のことだと思うんですけれども、わざわざクリスマスイブだからと言って高いお金を出したいと思う思わないのです。

したがって私たち夫婦はクリスマスイブにレストランに行く事はほとんどなくなりました。

ホテルに関しても同様ですね。クリスマスイブのシティーホテルで普段の相場の2倍位しますし、予約が取れないことも多いです。

バブルの時代はもっとすごかったらしいんですけれども、そういうところにお金を使うなら日常の生活でもっと違うところにお金を使おうと言う認識で一致しています。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。