医者は意外と出張が多い。学会や勉強会、偉い先生だと会議などに出席する

会社員の出張と聞くと、「違う地域の支社に打ち合わせに行くのだな」とか、想像するのは容易いと思うのです。

一方で医者の出張と聞くと、少し想像するのが難しいかもしれません。

というわけで、ここでは医者の出張について解説していきたいと思います。

医者が出張する理由

医者が遠出をする理由で一番多いのは「学会参加」ということになるかと思います。毎年自分の専門とする分野の学会は、全国のどこかで必ず開催されます。

自分の専門分野だけでなく、少し関わりのある分野の学会や、全国学会、地域ごとの学会、国際学会もありますから、本気で学会に参加しようとすれば、1年に5回くらい参加することになりますね。

若手の先生の場合は、セミナーや勉強会に参加するための出張もあるかと思います。自分の専門分野のレベルアップを計るために、各地で開催されている勉強会、セミナーに参加するというわけです。

ある程度キャリアのある先生、かつ大学に所属しているような場合には、もっと出張の機会が増えてきます。

上記の学会やセミナーで司会や講師を勤めることもありますし、学会の委員を勤めることになれば、その会議に出席することもあるでしょうね。

学会に参加する意義は研究だけはない。観光する楽しみもある

2016.10.28

医者はよく飛行機に乗る

上に書いたような学会やセミナー、勉強会に出席するために医者って意外と飛行機乗ることが多いんですよね。

東京に住んでいる医師であっても、新幹線で行けないような地方の学会に行く場合や、海外の学会に行く場合はもちろん、飛行機を利用します。

地方に住んでる先生であれば、東京の学会に参加するということに関しても飛行機を使うのでしょう。

私の同期で地方で働いている先生は、1年の間に何十回も飛行機に乗ることがあると話しておられました。

したがって航空会社のダイヤモンドとかプラチナといったステータスを獲得しており、航空会社からはいろいろなサービスを享受しているようです。

部長とか大学の教授とかになると、学会や会議で出張になったり、講演を依頼されることもあります。

忙しい大学の教授だと、毎週出張があるような教授もいるようで、結構つらいみたいですね。

JAL DOCTOR登録制度は面白いが積極的に登録しようとは思わない

2016.03.06

ANA Doctor on boardは考えもの。医者に厳しいシステムかも

2017.01.04

出張費の使い方は厳しく監査される

もちろんこれら出張の旅費は病院側から支給されるわけですが、最近ではお金の使い方に厳しいようです。

特に大学病院や公立病院など、公的な色合いが強い病院では、航空運賃は一番安い運賃でなければだめとか、特に予定なく前泊したり後泊したりとかなどは厳しく追求されます。

したがって出張といっても最低限の運賃しか支給されず、観光を楽しむというのも結構制限されてしまうんですよね。

学会出張に行くついでに、一泊観光をしてくるなんて行為は不可能なわけです。

国際学会への参加であっても、学会が開催される一都市以外に寄ることはできないわけです。

出張に関しては代休がない

たいていの学術大会や会議は土曜と日曜に行われます。大きな学会であれば、木曜から日曜まで、ということもあります。

それなりの規模の病院であっても平日に医者が一人抜けてしまうと外来や病棟を回すのが難しくなってしまいます。

やはり移動時間などを考えて多くの人が集まれるということになると、学会の開催期間というのは週末〜休日になってしまうのでしょうか。

とはいっても休日に学会に行ったからといって代休がとれるわけではないんですよね。

なので土日の学会になってしまうと、休日は学会で潰れてしまう一方で、月曜日からは通常どおり勤務するという結構ハードなスケジュールになってしまうのです。

まとめ

医者の出張について書いてきました。

出張が土日に偏ること、そして代休がないというのが、医者の出張の辛いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。