医者夫婦の共働きでの家事分担

私たち夫婦は医者として共働きで毎日忙しく働いています。

どこの共働き世帯でも同じことだと思いますが、夫婦がお互い忙しく働いていると、家事分担はなかなか難しい問題です。

私たちも以前は家事をうまく分担することに非常に苦労しました。

家事の分担

妻もフルタイムで働いていると、女性に家庭をまかせるとか、男は稼いでくればいいなどと言う悠長なことは言ってられません。

積極的に家事に参加し、家庭が円滑に進むように努めなければなりません。

最近私たちの夫婦では、明確な家事の分担は行わずに、お互いが気づいたときに家事をやるというのが暗黙のルールになりました。

お互いの分担をはっきり決めて家事をすると言うのは合理的な方法ではありますが、どちらかが負担を感じたり、仕事の関係でうまく家事がうまくまわらなかったりすることも考えられます。

こうなってしまうと、比較的時間の余っている方が何も仕事をせず、切羽詰まっている方が自分の任された家事を行わなければならない、といういかにもストレスが発生しやすい状況が生まれてしまいます。

ゆえになんとなく、どちらか気づいた方が家事を行うという方針になりました。

食料の買い出しをどうするか

基本的に週末にまとめて買い出しに行き、1週間分の食材を買い込むようにしています。

週末で時間がないときには、積極的にネットスーパーを利用するようにしています。

ネットスーパーは食材を受けるとるために家になければいけないと言う制約があります。

一方で水やコメなどの重いものでも宅配してくれますし、店頭と同じ価格でほとんどのものを手に入れることができるので、私たちの家庭ではかなり利用させてもらっています。

お互いのストレスを軽減できるように、利用できるものはどんどん利用しよう、というスタンスです。

食事をどちらが作るか

これが共働き世帯の家事分担の中でも一番大きな問題かと思います。

食事に関しては、お互い家に帰ってくる時間が一定では無いですし、そもそも当直で帰ってこないこともあります。

基本的にはどちらか早く家に帰ってきた方が食事を作るようにしています。

どうしても気分が乗らないとか、食事を作るのが億劫な場合は、家に常備してあるちょっと高級なレトルト食品+αで済ますようにしていますね。

以前はコンビニ弁当に頼っていたのですが、コンビニ弁当は流石に何回か食べるだけで飽きがきてしまうので、取りやめになりました。

そのほかの家事

掃除なども、負担を軽減するために、可能な限り毎日ルンバできれいにしてもらうようにしています。

お互いあまりほこりなどは気にならないため、ルンバでも掃除が行き届かない部分にだけ何日かに1回掃除機をかけるようにしています。

ゴミ捨て等に関しても、袋がいっぱいになり次第お互い気づいた方が捨てるようにしています。

私たちのように医者で共働きだと、買い物に行く時間も惜しいです。

土日も完全に休みだといいんですが、学会、当直などで二人とも完全オフっていう日は月に1回あるかないかくらいです。

となると、車に乗ってでかけて、重たいものを買ってというのも時間的に厳しかったりします。なので、私は食料品以外はAmazonをヘビーユーズするようにしています。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。