医者夫婦の2015-2017年のクレカ決済額。大体600-700万円くらい

私たちはなるべく現金を使わないように生活しています。

駅やコンビニなど電子マネーが使用できる場所では極力電子マネーを使用し、ある程度高額になるようであればクレジットカードといった具合でうs。

現金をATMから引き出す必要がなくなって、すごくストレスフリーになりました。

ですからクレジットカードの請求額はすごく高くなるのですが、2015年と2016年のクレカ決済金額なんかをご紹介したいと思います。

クレジットカード決済の利点

口座引き落としであれば、お金を使うことに対してポイントがついたりとかマイルがもらえたりと言う事はありません。

一方でクレジットカード決済にしていれば、クレジットカード会社のポイントが付きますし、そのポイントを使って別のポイントやマイルに交換したりすることが可能になってきます。

したがって私たちは何か支払う場合に現金を使うとか口座引き落としにすると言う事ほとんどなくて、可能な限り電子マネーかクレジットカードを利用するようにしています。

EdyやiDなどの電子マネーをクレジトッカードと紐つけたり、チャージしたりします。電子マネーを使ってコンビニなどで買い物したりすると、結果的にはクレジットカードから支払ったことになりますからね。

混んでいるコンビニなどでは、バーコードを読み取るのと同じ位現金の受け渡しで時間がかかっているのですから、日本ももっとクレジットカードや電子マネーが頻繁に使われる世界になればいいのになぁと思っています。

クレジットカード年間利用額

参考までに私たちの夫婦のクレジットカード決済額をお知らせしたいと思います。

私は普段三井住友VISAカードを利用しています。プラチナステータスだと、Vpassと呼ばれるオンラインの利用明細確認サイトで、年間のご利用明細を確認することができます。

年間の利用額は、だいたい下記の通りでした。

2015年:約700万

2016年:約800万

2017年:約680万

うむ、使いすぎですね。。一般のサラリーマンの年収分をクレカだけで決済しちゃってます。これはやばい。

そしてよくわかりませんが2017年度は決済額が減少しました。より電子マネーを使用するようになったからでしょうか。

クレカ決済額の内訳

この金額だけを見ると結構多いような気がしてしまいますが、実際のところはほとんどクレジットカード引き落としにしているので、生活費の全てがこの金額といったところでしょうか。

ちなみにこちらが年間利用額の明細の一部です。ちゃんと名目別に分けて表示してくれるなんて賢いですねぇ。

さて、旅行の項目がかなり金額的に多くなっています。これは本当にプライベートな旅行の支出もあるのですが、出張を自分のカードで建て替えている部分も結構あります。

また、飲み会などで支払いをカードで建て替えていることもたまにあります。ですから、これらを見ていて思うのは、クレジットカードの決済額=生活費、とはならないということでしょうか。

今後の決済額の展望

勤務医の年収は上限がある程度決まっていますから、開業したり美容整形の道に進まない限りは、年収のジャンプアップは見込めません。

ですから、年間の決済額が2000万とか、それ以上になることはないでしょうね。マイルを貯めるために、今後もクレジットカードでこつこつ決済していきたいと思います。

ある先生がANAスーパーフライヤーズのゴールドカード保持者だった

2017.02.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。