外科の将来展望について考える。それでも外科はなくならない

激務、怖い、知力と体力が必要とされるなど、いろいろな形容をされる外科という診療科。

外科では、患者さんを自らの手で治療できるという達成感がある一方で、その忙しさからは、研修医からは敬遠される傾向にあると言えます。

外科という診療科はなくなることはないわけですが、その外科の将来展望はどのようなものなのでしょうか。

ここでは外科、とくに一般外科の未来について考えてみたいと思います。

外科医の数はここ20年増えていない

上のグラフは、厚生労働省が出している医師数の推移です。1982年から2014年にかけては一貫して増加しています。

30-39歳の医師数はほとんど横這いで、増加しているのは50歳以上が主体ですね。

このあたりは医学部の定員がほとんど変化していないことを反映しているのでしょうか。

厚生労働省/医師・歯科医師・薬剤師調査の概要より

一方でこちらは外科医の数の推移です。

1994年からの統計ですが、28.000人で数はほとんど変化していません。よくグラフを見ると、39歳以下の外科医の数は減少しています。

日本はここ20年間は人口の増加がほとんどなかった一方で、急激な少子高齢化が進んでいきました。したがって病院を受診する患者の数は増加してきました。

ここ20年のトレンドを考えると、医師全体の増加、外科医の数は横這い、若い外科医の減少、医療需要の増加が挙げられるでしょう。

このような事実を考え合わせると外科医というのは相対的に忙しくなっている、といえるかもしれません。

若い世代の外科医が少なくなった現任

過重労働・労働環境への関心の高まり

2010年代に入ってからの、長時間労働や過重労働に対する世間の関心と言うのが、外科を志望する学生にも影響を及ぼしているようです。

以前は例外とみられていた医師の労働時間に関しても、労働基準監督署の指導が入りつつあります。今や医師、外科医であっても、働きすぎは厳しく制限される時代になりました。

医局辞めても生きていける、、かも

2018.01.12

女性医師の増加

2010年代に突入してからは、医学部全体に占める女性医師の割合は増加しています。

女性の社会進出が当たり前になった21世紀にとっては、医者の世界も例外ではありません。婦人科や乳腺外科、泌尿器科など、女性の医師の方が診療がスムーズに行える診療科もありますね。

以上のような理由により、外科の志望者が減っているのかもしれません。

今後の外科の展望

腹腔鏡手術・ロボット手術などの高度化

今後外科系の診療科では、さらなる低侵襲な治療が求められていくことになると思います。

様々な手術に応用され始めた腹腔鏡手術は、今や当たり前のものとなっています。

またダヴィンチを主体したロボット手術は、今までは前立腺癌を主としておこなわれていましたが、2018年に入ってからは、様々な種類のがん手術に適用拡大が始まっています。

外科医にとってみれば、通常のお腹を開ける回復手術に加えて、腹腔鏡の手術、ロボット手術の技術を取得しなければならないわけですから、これまでよりも、もっと多くのことを学ぶ必要がありますね。

外科医にとっては、多くの業務を行えるという医学的な面白さの一方で、外科医の数の減少に伴って、ますます忙しくなりそうです。

それでも外科はなくならない

薬剤や内科的処置の高度化に伴って、外科手術の範囲も少しずつですが減少してきた、というのがここ数十年の流れだと思います。

昔は胃潰瘍や十二指腸潰瘍で手術をしていたこもありますが、効果の高い制酸剤や内視鏡的な処置の発達に伴って、今では非常に稀になりました。

しかし臨床現場で働いて感じるのは、外科と言う仕事は絶対になくならないと言うことです。

非常に高度な手技が必要になる場合や、緊急的な処置が必要になる場合は、回復手術というのは絶対的に必要になってきます。

そのような背景を考えると、外科医の存在というのは絶対になくならないのです。

医者が考える手術がうまい病院の選び方。手術件数を目安にすべき

2017.10.30



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。