女性アナウンサーの不遇について考える

年末年始になるとテレビの特番が多く放送されています。たいていの番組には女性アナウンサーが出演し、番組の進行等を担当しています。

女性アナウンサーは美人

最近のテレビの女性アナウンサーさんは、本当に美人ですね。

私は知らない女性アナウンサーが出てくると、ついついウィキペディアで検索してしまいます。

東京キー局のアナウンサーは芸能人としても活動できると思えるほど美人で、しかも高学歴ときています。

全く、こういう女子アナと是非とも結婚したいものです。

女子アナの中の競争も激しい

しかしいろいろと調べてみると、女性アナウンサーも成功するのは難しいらしく、顔が浮かんでこない女性アナウンサーも思います。

東京キー局では大抵同期入社が3人ぐらい、いるらしいのですが、TV局の冠番組に出演し知名度がどんどん上がっていくのはそのうちの1人位。

残りの2名はあまり重要な番組に出れなかったり、出れたとしてもBSの番組なので、あまり有名にならずに仕事をせざるを得ないようです。

女子アナの結婚相手は

当然毎年若い美人の女性アナウンサーが採用されてきますので、年齢を重ねてくることに仕事の幅が狭まってきます。

大抵の場合はプロ野球選手や企業の社長などと結婚をし、寿退社と言う形態を取るようですね。

ものすごい倍率の入社試験を突破した美人で高学歴の女性ですので、確かに高収入のイケメン男性と結婚するのは曲かなと思っています。

正直なところ一般の勤務医と結婚する程度では、女子は何だった意味がない位かもしれません

女性は30歳くらいが賞味期限

一方でそのような高い倍率の入社試験を突破しても、30歳ごろになると仕事が徐々に減ってきて、目に見えない大社の圧力を受けるのは、なんとも悲しい気もします。

美人であれば女性であってもそれなりの企業を選べば着実にキャリアを積んで出世できるのではないかと思うのです。

いろいろ調べてみると華やかな世界の中にも激しい競争があるということがわかりました。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。