女性医師における妊娠と出産の難しい問題

専業主婦の家庭

女性にとって、いつ子供を産むかというのは非常に悩ましい問題であります。特に働いている女性であれば、キャリアのことも考えなければならないので、なおいっそう難しい問題になってきます。

先日大学時代の友人と話す機会があったのですが、男性医師を夫にもつ専業主婦の奥さんのほとんどは、結婚と同時か少なくとも3年以内くらいに子供を授かっているような状況になっています。

女性医師はタイミングが難しい

一方で働いている女性医師の悩みは尽きないものです。

あまりにも早くに子供を生んでしまうと、子育ての時間を割かれてしまい、医師としてのキャリアアップが難しくなってきます。

労働時間の問題が話題になる昨今ですが、若い時代の時間外対応、休日出勤が病院側から求められているのはもちろん、その部分で経験を積むことができるというのも事実です。

一方で専門医の資格をとってから、大学院を卒業してからなどといったある程度の区切りのところで子供を作ろうとすると、どうしても年齢的な問題で子供がすぐできない場合も多々あります。

診療科や働く病院の雰囲気

子供を産みたいと思っても、実際に産める職場環境なのかというのを確認することも大切です。診療科や雰囲気も大切です。

大学病院で医者の数が揃っており、若い女性医師がたくさんいるような診療科、たとえば眼科や皮膚科であれば、産休や育休を取ることにも理解があるでしょう。

一方で、医師が数人しかいないような地方病院の内科系の診療科では、医師一人でもかけてしまうと、残りの医師の負担がガクンと増えてしまいます。

そのような職場環境では、自分だけ産休・育休を取得するのは、表面上は「おめでとう」と言われたとしても、残された医師たちは当然快く思っていないはずです。

これは何も一緒に限った話ではなく、仕事をしている女性に共通の問題なのでしょう。いつも子供を作るか、そしていつ子供産むか、どこで仕事の区切りをつけるかというのは非常に悩ましい問題です。

医局に所属している場合は、ある程度考慮してもらえる

医局派遣によって医者もいろいろな病院で勤務する

その点、大学病院だと勤務している医師も多いので、一般病院よりも産休や育休を取得しやすい環境にあります。

医局側も、出産の重なる年度は女性医師の勤務の負担を軽減したり、休みを設けることなのどによって、何かしらの配慮をすることが多いよですね。

ですから、子供を産むなら大学病院勤務時代、というのは確かかもしれません。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。