常勤とアルバイトだと、アルバイトの方が稼げる医者の不思議




医者がアルバイト”、と聞くと、医師免許持った人間がコンビニでレジ打ちするのかと思ってしまうのですが、それは違います。

医師免許を持った人間が、1日だけある特定の病院で勤務するとか、1日だけ企業に行って健康診断を行うなんて場合を医師のアルバイトと呼びます。

一方で、常勤とはすなわちフルタイムで働く医師のことですね。

日々病院で出会う医師は、ほとんどがフルタイムで働いているので、医師=常勤である場合がほとんどです。

そんな医師のアルバイトなのですが、イメージと違って給料はすごく良いんです。

アルバイト勤務の給料の相場

例えば医局に所属していてアルバイトを行う場合には、1日10万円くらいが相場でしょうか。

教授や准教授クラスの先生であれば、気を遣って半日で10万円近く出している病院もあると聞きます。

大学にいた時には「あそこの時給は10万円」と言っている先生もいましたね。

どうやら実働時間は1時間で、給料は1日分の給料として10万円が支給されるみたいです。

あとびっくりしたのは、飛行機代まで出して、医局のバックアップを得ながら診療をつづけている病院があることですね。

当然ながら飛行機の移動時間を考えると実質的な労働時間は短くなりますし、赤字になっちゃうんじゃないか、と思えてきます。

高い給料でも病院側が医師を欲しい理由

非常勤であっても医師一人を確保するには相当の労力と金銭が必要です。

ですから、これくらい給料を支払ったとしても、病院側としては医師に働きに来てもらいたいと考えているわけです。

また医局の斡旋ではなく求人サイトを介した場合には、求人サイト、人材派遣会社にも手数料を支払う必要がありますから、病院側の持ち出しはそれだけ多くなります。

したがって一般的に、医局が斡旋するアルバイトよりも、求人サイトを介してアルバイトの方が給料は低く抑えられています。

これは求人サイト側のマージンがあることに由来しているのだと思われます。

大学医局でアルバイトに行っている当直先の病院が求人サイトで医師の募集をしていたのですが、普段大学の医局員に支払っているアルバイト代の70%くらいの報酬でした。

医師の人材派遣会社を経由すると、給料の30%近くは医師派遣会社の懐に入っているのかもしれません。

医者が行うアルバイト。病院からもらう給与明細の見方について解説

2018.04.21

アルバイトの方が給料が良い矛盾

常勤で勤務している先生の場合には、週五日働いて、年収は1200-1300万円くらいが相場でしょうか。

仮に年間200日働いたとすると、1日あたりの給料は6-7万円くらいになってしまいますね。

実際にはフルタイムの勤務ではアルバイト勤務のようにきっちり9時5時で働けるわけでは無いですし、常勤病院の当直もあります。

加えて土日の回診や、夜間休日の待機当番もありますから、実際の労働時間はより長くなり、1日あたりの給料や時給は単純計算するよりも随分安くなります。

これらを全て考慮に入れると、ほぼ例外なく常勤の病院で1日働くよりは、アルバイトで1日働いた方が高い給料を得ることができると思われます。

どうしてこんな矛盾が発生してしまうのでしょうか。

なぜアルバイトの方が給料が良いか

この現状の背景には、やはり医師不足の問題が大きく横たわっていると思います。

本来であれば医師を多く雇用し、患者を集める事で収益をあげるのがあるべき病院のカタチです。

しかし2000年代から新臨床研修制度の開始と共に表面化してきた医師不足により、各病院は常勤医師を確保することが非常に難しくなっています。

医師を派遣する人材派遣の役割を担ってきた医局の力も弱体化しており、地方病院までは十分な医師を派遣することが難しくなっています。

そうなってくると病院側としては、毎日でなくても良いから週に数日だけでも出張の先生に診療をお願いしたい、となってくるわけです。

医局の弱体化と関連病院の自立。医局の力は確実に弱まりつつある

2018.01.26

麻酔科はアルバイトしやすい診療科

実際に常勤医師よりもアルバイト医師が増えつつある傾向が顕著なのが、麻酔科だと言われています。

麻酔科の場合には基本的に入院患者を受け持つことがなく、仕事の単位が手術ということになります。

ですから1日単位とか半日単位で働くことが十分可能なわけです。

そして夜間や休日も緊急手術のために待機をしなければならないフルタイムの雇用よりも、アルバイトしながらフリーランスのように働いていた方が、給与は良いわけですね。

つまりはドクターXの大門未知子みたいな働き方ですね(麻酔科の医師は内田有紀でしたが・・・

麻酔科の先生の中には、一通り技術を身に付けたところで医局をあっけなく辞め、フリーの麻酔科医師として働く先生が多くおられます。

また子供を持った女医さんにとっては、滅私奉公のように大学病院や一般病院でフルタイムで働くことが難しいですから、週2回とか週3回アルバイトとして働いている先生方も多くおられます。

病院側としても手術のある時だけ、必要な時だけ麻酔科医に来てもらえばいいわけですから、常勤で医者を1人雇うよりも、より少ない労力とコストで手術を行えるというメリットがあります。

つまり麻酔科と言うのは、アルバイトに適した診療科であるといえそうです。

まとめ

医師として常勤で勤務するか、アルバイトをしながらフリーランスで働くかについてみてきました。

時給換算すると、ほとんどの診療科ではアルバイト勤務で働いた方が、時給は良いことが予想されます。

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。