年末の病院は空いているが年始は混んでいる

病院の営業日はだいたい28日か29日まで

たいていの病院は、12月の28日か29日まで営業していることが多いようです。したがって医者の場合も28日か29日まで働くことになります。

年末の病院は空いていることが多いですね。入院している患者さんで状態が安定している患者さんは、お正月を自宅で過ごすために続々と退院していきますし、逆に特に急がない限りは、わざわざ年末から治療を始めるために病棟に入院してくる人も多くはありません。

また外来の患者さんも徐々に少なくなっていきます。

12月28日や 29日なんかでは、普段の2分の1とか3分の1以下の患者さんしかいないのではないでしょうか。

ただこれはよくあることなんですが、緊急手術が必要になったりする患者さんが入院してきたりもします。年末の飛び込みみたいなもんでしょうか。

年末年始を暦通り休める医者は少ない

医者は年末年始も暦通りには休むことができない

一方で現実問題としては、年末年始を完全に休める勤務医と言うのはほとんどいないでしょう。

病棟に入院患者がいる場合には、その入院患者のために最低1日2回は病院に来なければなりません。これらは大抵当番制であることが多いですが、相当にベテランの医者でなければ、どこかで当番を当てられることになってしまいます。

また外科系の診療科の場合には、術後患者の管理と言う面もあるので、さらに休みにくくなってしまいます。

緊急手術が入れば外科医が呼び出されてしまうのはもちろんのこと、麻酔科医も呼び出されてしまいます。またある程度大きな病院になると、病理解剖を行うために病理医が呼び出されたり、血管を介して出血を止めたりするために、放射線科医が呼び出されたりもします。

この前は、緊急の手術のために、眼科医が呼び出されたりしていました。

ですから年末年始のお休みと言えど、総合病院のほとんどの医者は暦通りに休むことができないのが現実なのです。

病院の開始は1月4日から

また年明けの病院は、ほとんどの場合1月4日から始まることが多いようです。

年が変わると、病院は一気に忙しくなります。患者さんはたくさん入院してきますし、画像や採血検査も年末年始のたまった分がどんどん行われます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。