当直中に医者が食べているもの。病院食はやっぱり箸が進まない

病院当直では、生きていくために食事を食べなければなりません。

そんな当直の時に、医者が食べているものをご紹介したいと思います。

たいていの病院では当直医向けに病院食が出る

たいていの病院では、病院の食事が出されることが多いです。私がこれまで当直を行ってきた病院で、食事が出なかったのは大学病院だけですね。

さてその食事なのですが、基本的には病院の調理場で作っているようで、患者さんが食べている病院食と同じです。これがおいしいかと言われれば、残念ながら全く美味しくないのです。

病院食は基本的には健康を考えて患者さん向けに作られていますので、味付けは薄いですし、噛みやすいように硬いものはないですし、カロリーも控えめです。

普段味の濃いものを食べ慣れている我々としては、どうしてもおいしくないと感じてしまうものなのです。

病院食がおいしくない理由3つと、どうしても食べられない時の対応

2018.01.25

病院食を食べることには意味がある

そんな美味しくない病院食なのですが、食べることには意味もあるのです。

病院職員が病院食を食べることを検食と呼んだりします。検食というのは食事を検査するという文字通り、医師の立場から病院食について感想を述べるものです。

味付けは適当か、分量はどうかなど、食事を終えると検食簿とよばれるアンケートに記入することになります。この検食率が低いと、病院の医局会などで取り上げられて、もっと検食をするように通達がきたりしたことがありました。

というのも「入院時食事療養」という保険診療上の報酬を獲得するにあたって、検食は必要らしいのです。例えば厚生労働省のサイトには下記のような記載があります。

2 入院時食事療養

入院時食事療養の届出を行っている保険医療機関においては、下記の点に留意す る。

医師、管理栄養士又は栄養士による検食が毎食行われ、その所見が検食簿に記入されている。

厚生労働省

つまり、医者が病院食を食べて検食簿に記載をしていないと、この入院時食事療養という保険請求ができないことになってしまうのです。

言ってみれば、検食というのは、病院が収入を得るために必要なことなのです。

必要といわれてもどんどん病院食は食べなくなる

私が医者になってすぐの頃は、頑張って病院食を食べていたのです。しかしいろんな病院で食事をするうちに、病院食=おいしくないといった概念が植え付けられてしまいます。

最近では病院食も評価されるようになり、健康に良い食事とのことで料理本も出版されているようです。しかし、それでも無理なんです。

本質的には味の問題ではなくて、病棟に漂う病院食の匂いを毎日感じていたりとか、昔食べた病院食がおいしくなかったとか、感情的な問題なのでしょうが、それでもだめなんです。

医者になって4年目ぐらいからは、病院食は全く食べなくなりました。 というより、どう頑張っても食べられなくなりました。

最近では私が病院で当直するような場合には、自ら外で買った食事をもっていくか、病院内に入っているコンビニエンスストアで買うことがもっぱらです。

おかげで良い年になってから、コンビニエンスストアの商品に詳しくなるようになってしまいました。

毎日に医者が食べている朝食について。どんなものを食べているのか

2016.11.28

他にも当直するときに食べるものはある

あるアルバイト先の病院に当直していたときには、少し外出して近所の回転すし屋までテイクアウトに行ったこともありました。

また大学病院や総合病院では出前メニューが充実しており、勤務する病院に出前を持ってきてもらうことも可能です。

出前する側も注文が頻繁にあるからなのか、病院の各階の配置については把握しているようであり、「6階のカンファレンスルームにお願いします」といっただけで、迷うことなく持ってきてくれるようになっています。

こうやってたくさんの選択肢があると、どうしても病院食よりはコンビニとか、出前に頼ってしまいますよね。

別に食事にうるさいわけではないのですが、病院食を食べるのはつらいものです。

グルメな医師も、そうでない医師もいる。医師はグルメなのか?

2016.07.14



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。