昨今の住宅ローン事情

私たち夫婦も遂にマンションを購入することになったわけです。

トータル5000万円借用

さすがに全てキャッシュと言うわけではいかないので、銀行から住宅ローンを借りることになります。

私たち夫婦は、物件価格6500万の新築マンションを購入することにしました。頭金が1500万円で、5000万円はローンです。

共働きで妻も私と同じくらい稼いでいるので、住宅ローン減税や妻の将来の産休などを考慮して、ローンは私が3000万、妻が2000万円としました。

マイナス金利時代はお得

詳細は別に書きますが、マイナス金利時代の現在では、住宅ローンの金利はあってないようなものです。

10-20年固定でもせいぜい1パーセントなので、住宅ローン減税の恩恵を受けることができれば、年数によっては実質的な金利は0だったりします。

早くから物件を購入しておくの良い選択肢かもしれない

住宅ローンを借りようと思ってみて初めて気付いたのですが、実質的な負担はゼロである以上、働きはじめて最初から値上がりの期待できるマンションをローンを組んで購入しておくというのも、現実的な選択肢かもしれません。

何もこれは医者と言う職業に限ったことではありませんが。

実際のところは物価上昇なんかも加味すると現実的にはほとんど賃金上昇などもありませんが、かなりの好条件でお金を借りることができます。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。