株式投資始めました

資産の運用って難しいですよね。 ある本には不動産と現金と株式をこれこれの割合で保持しろとかっていうのがありますが、本当は何が正しいのかわかりません。

株式投資を始める

最近ではインターネット証券の広まりや、税金のかからないNISAと呼ばれる制度も始まったようなので、思い切って株式投資を始めてみることにしました。と思い立ったのが大体1年くらい前です。

資本はある

夫婦ともども医者として働いているので、株式投資に必要な資本はそれなりにあります。ただ投資ファンドや証券会社で働いているようないわゆるプロたちは仕事として株式投資を行っています。そんなプロたちに本当に勝てるのかというのがまず第一の疑問でした。

まぁ言ってみればずぶの素人が風邪とか高血圧の治療をやるようなもんですからね。医者の私たちからしてみれば素人が株に手を出すのと同様に考えられないこと=成功するとは思えないこと、です。

いずれにしても、日中に頻繁に株を売買するデイトレードは時間的にも精神的にも無理なので、株主優待と配当狙いである程度長く株を持つ事を目標に始めました。

資産は運用したほうがお得

私のすごく甘い理解では、資産は間違いなく引用したほうがお得です。超低金利時代では銀行に預けていても大してお金が増えないですし、物価がどんどん上がっていけば銀行にただお金を預けているだけでは相対的に損していきます。

したがって株式投資を始めてみたわけですね。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。