残酷すぎる「終末医療」の現実〜医師の意見が正しいとは限らない!




またくそな週刊誌がわけのわからない記事を載せていますね。

最近の週刊誌の医療系の記事は、全く読むに値しないゴミクズ記事が多いような気がします。

落書きを売り付けるのは企業活動として自己責任なので特に問題は無いと思うのです。

ただしそれを読んだ多くの読者、特に高齢者が間違った認識を持ち、外来で延々とその間違った知識を正すのに時間が費やされるのは、害悪以外何者でもありません。

週刊誌がこのような医療系の記事に行を出すのは、それらの記事の反応が良いからなのでしょうか。

終末期医療に関する週刊誌の記事

曽野綾子さんの夫である三浦朱門さん(享年91)の容体が急変したのは2017年1月26日の夕方。朱門さんが入所していた老人ホームから曽野さんに電話があった。

担当医だった小林徳行医師から「血中酸素の量が極端に減少していて、このまま放置していると危ない」と。そのまま小林医師の判断で、救急車を呼び朱門さんは病院へと緊急搬送された。

ERに運ばれた朱門さんは、酸素吸入を受けることに。その間に曽野さんは4~5人の呼吸器内科の医師たちから「(朱門さんは)間質性肺炎を患っていて、良好な予後はとても望めない」と知らされたという。

病院内で曽野さんと再会した朱門さんは、喉の渇きを切実に訴えていた。おそらく酸素を大量に吸引したため、口の中が乾いてしまったのだろう。そこで曽野さんが水を飲ませようとしたが、ここで医師から「ストップ」がかかったのである。

その時の心境を曽野さんはこう綴っている。

〈原爆で皮膚がボロのように焼けて垂れ下がった人でも、戦地で重傷を負った負傷兵でも、求めたのはたった一つ「水」だったと聞いている。朱門がかなり重症だとすれば、今何よりも欲しがっている水を飲ませるのが看取りの基本の姿ではないのか〉

患者の「最期の願い」と医師の見解、どちらを優先すべきなのか――。

週刊現代サイト

終末期医療がテーマ

さて週刊現代のこの記事では、終末期医療をテーマにしているようです。

終末期医療は心が大切と言う意味のわからない結語なのですが、その辺はスルーするとして、冒頭の文では、上記のような文章があります。

基本的には救急搬送されたような患者は、事前に延命処置を行わない、と言う同意が取れていない限りは、最善を尽くすことが求められます。

最善を尽くすとは心臓マッサージをしたり、期間内挿管をしたりと言うようないわゆる救急医療を行うことです。

医療上の正しい判断とは

この患者も救急車で病院に運ばれてきて、誤嚥性肺炎なのか普通の市中肺炎なのか原因はわかりませんが、体の酸素化が悪くなっています。

そのような状況では基本的には絶飲食、つまりは食事も水も食べない飲まないと言う指示を出すことが通常です。

そのような状況で本人に水を飲ませると言うのは、基本的にはやりません。

患者の希望だからやってもいいと言うのは、医療現場の認識とはあまりにも乖離があります。終末期の患者かどうかは、救急の現場ではわからないですし、そもそも判断することではありません。

この記事を書いた記者は、終末期医療がどのように行われているのか、という現場の事情を知らないからこそ、死んで行く人間が水欲しがっているのに、あげないなんて何事だ、けしからん!という短絡的な議論・結論になってしまっているのではないかと想像されます。

訴訟のリスク

もし患者に水を飲ませて、その水がもし気管の中や肺の中に入り、肺炎をいっそう悪くしてしまいそれが死亡につながってしまったと仮定します。

そうなるとどこからともなく親戚が湧いてきて、「お前たちを訴える」と言う話にもなりかねません。

したがって救急医療の現場では、その患者の病状がすごく進んでいて助からない見込みであったとしても、基本的には正しいことをやらなければなりません。

もちろん記事に書かれているような終末期医療の現場では、患者の意思を尊重することが大切です。

しかしそれは家族と医療者の間で何回も話し合いが持たれ、最後の迎え方について十分な合意が取れた後に初めて実現可能となるものです。

そのような背景を考慮せずに、患者が水を希望しているがから水を飲ませてくれと言うのは、ばかばかしい議論です。

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。