病気かな、と思ったらまずは近くの医院へ

病院ごとにそれぞれの役割があることは各病院の項目で書きました。

では実際に何らかの症状があったとき、どの病院を受診すれば良いのでしょうか。

よくある症状の場合

下痢が続いたり、喉が痛くなったり、39℃以下までの発熱くらいであれば、近くの個人医院(○○クリニック、●●内科など)を受診するのが最も適切な行動だといえます。

もちろん下痢を最初の症状とする大腸癌や、喉の痛みを最初の症状とする白血病など、些細な症状の裏に重大な病気が潜んでいる事はよくあります。

しかし、下痢の場合は胃腸炎、喉の痛みはただの風邪であることがほとんどで、普通は何もしなくても自然に良くなります。

この段階でCT、MRI、内視鏡カメラなどを行っても良いでしょうが、医療費や医療サービスを行う医師、看護師などは限られています。

また、検査を行うことは全く体に侵襲がないわけではありません。思わぬ副作用をうむこともあります。

したがって、この段階では対処療法で様子を見るというのが、正しい選択です。

症状がよくならない場合は、追加の検査が必要

下痢や喉の痛みが1週間経っても良くならないときには違う病気を疑ってより精密な検査をする必要があり、この段階になって初めて総合病院を受診する必要があると言えます。

この時には、個人医院の医師も「胃腸炎や風邪とは何か違う」と感じているはずなので、「大きい病院に行ってみてください」と言って紹介状を作成してくれるでしょう。

紹介状なしに総合病院を受診すると別途医療費が必要

また、入院ベッドが200床以上ある病院に紹介状を持たずに受診すると、別途負担金(2500円程度)を支払わなければなりません。

これはまず症状があれば近くの個人医院、それでも改善がなければ紹介状を持参して総合病院を受診する、という受診行動の流れが医学的に妥当であることを裏付ける制度であると言えます。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。