病理解剖の概要

病院内では人知れず病理解剖と言うものが行われています。

病理部門の概要

ある程度の大きな病院には、病理部門と言う組織が在籍しています。病理の主な仕事は、簡単に言うとがん細胞を顕微鏡で見ることです。

口から内視鏡のカメラをやって、怪しい病変をとってきて、それががんであるかどうかを見分けるのは病理医の仕事です。また手術で摘出したできものを顕微鏡で見て、それが悪いものなのかそうでないのか、悪いものだとすると、どのような種類のがんになるのか、ということを調べるのも病理医の仕事です。

手術で摘出された腎臓や肝臓を切り込むのは病理医の役割であることが多いですが、それらを顕微鏡で見やすいようにホルマリンで固定し、薄くスライスし、必要があれば見やすいように染色するという行為は、おもに技師さんが代わりに行ってくれます。

ですから、病理部門では医師だけでなく、多くの人が働いていることになりますね。

基本的には病理医は、いろんな診療科から出される検体を顕微鏡で観察しているわけですが、その他に重大な仕事として、解剖の仕事があります。

ちなみにこの病理部門で非常に有名な医師がいます。Twitterのフォロワーが9万人なんて・・・すごい

病理解剖を行うのも重要な仕事

医者の中でも遺体を解剖すると言う仕事は限られていて、病理学や法医学講座に所属する医師しかい、解剖は基本的に行いません。病院で働いている勤務医が、遺体の解剖を行うことはまずないと言って良いでしょう。

病理解剖の目的は、病院の中で死亡した患者の死因を究明するために行われます。病院の中なら死因なんてわかっているもんじゃないか、と思われるかもしれませんが、最終的に直接的な死亡の原因がわからないこともよくあります。

例えば癌で治療中の患者が、突然亡くなったとすれば、当然がん以外の死亡原因を考える必要があります。採血や画像検査だけではわからないことも多く、死亡の原因を特定するために病理解剖が行われることがあります。

たいていは患者さんが死亡した際に、主治医から「病理解剖をしても良いでしょうか」と言うような話が行われます。

ただし患者さん家族の心理としては、最愛の家族が亡くなった後に家族を切り刻むと言うのはどこか残酷ですし、この時点で断られる患者さんが多いのも事実です。

有名な医療ドラマである白い巨塔でも、病理解剖を巡って家族、医師との間で1シーンがありました。病理解剖の所見は動かぬ事実ですから、医療裁判でも重要な意味を持ってきます。

病理解剖の実際

実際の解剖は死後おおよそ24時間以内に行われることが多いです。死亡したのが夜間であれば、翌日の早朝から解剖が行えるように、当番の病理医にあらかじめ連絡が行くようになっています。

また休日の前や休日に死亡したような場合には、即日解剖が行われるように、これまた当番の病理医に連絡がつくようになっています。

解剖は厳粛なふいんきの中で行われます。体の表面に異常がないかどうかを確認した後、病理医によって体にメスが入れられ、各臓器が摘出されます。

それぞれの臓器は肉眼的な所見が観察された後、ホルマリンの入ったバケツの中に入れられ、臓器全体に染み渡るまで数日間ほど放置されます。

その後ホルマリンの中に浸された臓器が出され、顕微鏡で観察しやすいように切り出されて、最終的に顕微鏡で観察されます。

顕微鏡で観察することによって、全ての死因が明らかになるわけではありませんが、複数の病理医が観察することにより、可能な限り患者さんが亡くなった原因を明らかにしていくのです。

法医学・司法解剖の概要について語る

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。