病院にかかってくる怪しい電話の一覧

病院の中で働いていると、必ず不動産投資等の勧誘の電話かかってくることがあります。彼ら、彼女たちはどのような手段を使って電話をかけてくるのでしょうか。

電話の概要

王道パターンは、節税を理由にした粗悪な投資マンションの勧誘です。私も最後まで説明を聞いたことがないのでなんとも言えないのですが、勧誘の手口は以下のようなものです。

医師として働いていれば、税金をたくさん払うことになる、そこでワンルームマンションを購入して、そこでの経費を合わせて計上することで、節税になるということです。もちろん購入させられるマンションは、購入と同時に損をしてしまうようなダメマンションです。

医療関係者を名乗って病院に電話がかかってくるパターン

1番多いのは、医療関係者を名乗って病院の中の医師に電話が繋がれるパターンでしょうか。

例えば「〇〇病院の高橋と申しますが、× ×先生お願いします」などと言って、病院の代表に電話をかけます。電話を受けた側としては、当然その発言を疑うことはできないので、結局病院内の医師に繋いでしまうしかないのですね。

そこで電話が繋がったところで適当な名前を名乗り、マンションの販売を始めるわけです。

病院のPHSに直接かかってくるパターン

病院の中で持っているPHSに直接かけてくるパターンもあります。

どこの病院でも、リアルタイムで連絡を取り合うために、病院の中ではPHSを使用しています。

病院ごとによってもPHSの特徴は異なるのですが、半分以上の病院では、PHSが外線電話にも対応していることがあります。家にPHSを持って帰ったとすると、病院からPHSに直接電話がかかってくるということがあります。

そのような仕組みの場合には、その病院の中で使用しているPHSに直接、勧誘の電話がかかってくることがあります。

どうして自分の持っているPHSの外線電話番号が業者の手に渡ってしまうのか全くわからないのですが、医者として働いているとそのような経験は誰でも1度はあるはずです。

内部の人間しか知らない電話番号を介して電話がかかってくるパターン

あるとき、病棟で仕事をしていると、いきなり近くの固定電話に電話がかかってきたことがありました。

事務からの電話で、電子カルテに記載されている研修医の名前を確認のために知りたい、というような電話でした。

私は言われるがままに、研修医の名前を読み上げて行ったのですが、2、3人くらいの名前を読み上げたところで、怪しいと気づいて、「電話番号を教えてください。こちらから掛け直します」と伝えたところ、電話がぷっつり切れました。

結局のところ、病院内の研修医の名前を知りたいがための、電話だったわけです。

ここで疑問だったのは、普段外部に公表されていないような、固定電話になぜ外部から電話がかかってきたのだろう、という疑問でしょうか。

医師の名簿やPHSの電話番号と同様に、おそらく病院内の電話番号のほとんどが外部に漏れているのでしょうか。まったく困った輩がいるもんです。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。