病院を辞めていく看護師さんって結構多い。しかし転職は医者よりしやすい

大学病院で働いていた時、毎年のように病棟の看護師さんが4人とか5人ぐらい辞めていくようでした。

これだけ毎年人の入れ替わりがあると、病棟に残っている他の看護師さんたちの負担が増えて、新しい人が入ってくる新年度はすごく大変のようです。

仕事ができる若い看護師さんも辞めていくもんですから、いろいろとびっくりしたもんです。

しかし看護師の場合は、病院を辞めたとしても医者よりも転職はしやすくなっています。なぜでしょうか。

看護師が病院を辞める理由

結婚や夫の転勤

結婚を機会に看護師さんを辞めていく人は多いですね。とりわけ男性医師と結婚する場合は、経済的にも余裕がありますから、辞めていく看護師さんが多いのかもしれません。

また夫が遠く離れた場所での勤務を命じられた場合にも、転勤先についていくために、病院を辞めていく必要はありそうです。

妊娠・出産

妊娠や出産も大きなターニングポイントとなるようですね。

小さなお子さんがいる場合には、総合病院でフルタイムで働くのは非常に難しいですから、パート勤務とするくらいしか選択肢がありません。

それも許容できない場合には、クリニックや診療所など勤務時間の都合のつけやすい職場に移っていくしかないのでしょう。

病棟の人間関係がきつくなってくる

そもそも看護師さんは女性社会ですから、いくら仕事内容がきつくなかったとしても、年数が経ってくると人間関係の点でどうしても辛くなってくる部分があるのかもしれません。

中学校や高校のクラスでいじめ問題があるのと同様に、職場の人間関係においても、どうしても軋轢が生まれてしまうのかもしれません。

この点は医者の世界ではあまりないかもしれません。

仲の悪い医者同士はもちろんたくさんいますけれども、基本的には大学病院以外は医者の人数が少ないですし、基本的には個人プレーなので、互いに干渉することが少ないように思います。

医者の場合は転職のハードルが高い

大学病院で働いている医者の場合には、転職するのはすごく勇気がいります。

基本的に自分の専門性の分野で就職しようとすると、病院や就職口はかなり限られます。

大学医局が関連病院と呼ばれる中規模〜大規模な病院の人事権を握っていますので、自分の意思でこれらの病院に就職するのはほぼ不可能です。

さらに、大学病院勤務の医者の場合には、病院を辞めると言う事はほぼイコール医局を辞めると言うことになってしまいます。

ですので、医局をやめるというのは、多くの犠牲を払ってしまわなければならない可能性もあります。特に専門医取得前の転職であれば、専門医を取ることが難しくなる可能性も考慮しなければならないのです。

看護師さんは医者よりも転職しやすい

看護師さんは技術職・資格職ですし、全国的に不足しています。

冒頭の大学病院の話では無いですが、毎年何十人も採用していたとしても、一病棟で毎年4-5人にも病院を辞職していては、いくら採用していても足りないでしょう。

一方で看護師さんには医局と言う組織が存在しません。ですから、大学病院を辞めても、すぐ隣の病院に就職ということも全く可能なわけですね。

加えて、看護師さんには医者のような専門性がありませんから、内科系の患者さんを管理する仕事から、外科系の患者さんの対応をする職場に異動するのも、十分可能なわけです。

このような背景があって、医者よりも看護師さんの方が転職しやすいのは間違いなさそうです。

看護師さんにおすすめの転職サイト

2018.01.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。