総合病院で外来が遅れるのは日常茶飯事である

みなさんも近所の総合病院で何時間も待たされた経験はありませんでしょうか?
私も外来をしていて、「何時間待たせるんだ!!」「予約時間の意味はなんなんだ!!」などとお叱りを受けるのは日常茶飯事です。

患者数が多いので遅れる

昨今の医師不足もあり、担当する外来患者の数が自分の能力以上に多くなっている現実があります。

私の外来では9時から始まった再来外来で、40人ほどを診療しなければならない曜日があります。9時から12時までで40人ですから、単純計算で一人当たり4.5分になります。

定期的に通院している患者と言えども、カルテをざっと見直してこれまでの経過を頭に浮かべ、患者を招き入れてお話を聞き、何か症状の変化があれば処方薬を変更する。患者が出て行ったところでカルテをまとめあげ、書類の記入を済ませる

。この流れを4.5分で40回休みなく行い続けるのは、はっきり言って不可能です。おしゃべり好きのご老人なら会話しているだけで5分は簡単に過ぎてしまいます。

 

想定外の事態がおこる

もちろん人間のことですから、想定外の事態が多々発生します。

いつもはお元気だった患者が予約外でやってきて、「体調が悪いので入院させてくれ」と言ってきたり、外来中に入院患者が急変してしまったり。

外来の予約時間というのはそもそもかなり無理な設定になっていますから、少しでも不足の事態がおこると10分、20分と遅れが出て、それらが重なると60分単位の遅れになってしまいます。

電子カルテの入力

電子カルテの入力もすごく時間がかかります。

検査結果を見て、話したことを書いて、処方を入力して・・・となると、診察している時間と同じくらいかそれ以上に時間を要します。

だれかキーボードを入力してくれる医療クラークさんがついてくれるといいのですが、病院側も余裕がなくできないようです。

この他にも雑多な理由はありますが、一番大きいのはやはり外来で担当している患者数が多すぎる事でしょうか。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。