胃がん、AIで高精度検出「熟練医に匹敵するレベル」。すでに人間を超えたらしい

内視鏡画像分野においても、すでに人工知能は人間の診断能力を超えたらしいですね。

画像系の診断は、もはや人工知能の方が優れている様相です。

人工知能(AI)を活用し、内視鏡画像から胃がんを高い精度で検出するシステムを開発したと、公益財団法人がん研究会(東京都)などが発表した。

熟練した医師に匹敵するレベルといい、早期発見や正確な診断につなげたい考え。

(中略)

学習用とは別の画像2296枚を使って能力を検証したところ、77病変のうち71病変を検出(検出率92・2%)。迅速な対応が必要な6ミリ以上の病変に絞ると、71病変のうち70病変が見つかった(同98・6%)。解析は47秒で済み、1画像あたり0・02秒だった。

読売新聞  2018.1.29

人工知能の医療分野への貢献

内視鏡画像の読影というのは、非常に専門性の高い分野です。

消化器医以外の医者が画像を見ても、何がなんだがわからないような胃の粘膜の変化が、初期の癌であるという診断になったりしているので、餅は餅屋だな〜といつも思っています。

さて、そんな中で人工知能が内視鏡の画像も驚くべき速さと正確さで、正しい診断を下せたというニュースですね。

まだ研究段階の技術

人工知能は、医療分野ではまだ研究段階の技術だと言われています。

しかし、内科の医師が普段行うような診断、病理分野で行われる細胞の悪性診断、そしてすでにデジタル化されている放射線分野での画像診断などでは、すでに人間の頭脳を凌駕しているというような研究データが発表されています。

これは驚くべきことではなく、ある意味当然のことでしょうね。

記事の中にもありますが、2000枚以上の画像を見るには、人間だと1日100枚としても1ヶ月くらいかかります。

一方でコンピューターに読み込ませるとなると、一瞬ですからね。学習スピードが圧倒的に違います。

今後の展望として、人口知能がますます医療分野に応用され、近い日に実用化れるのは間違い無いでしょう。

誰が責任を持つかが重要

ますます医療分野での貢献を期待される人工知能ですが、人間の役割はなくならいでしょうね。医療分野では、最終的に責任を持つ存在、つまり人間の医師が必要です。

コンピューターにいくら学習させたとしても、人間の体には常にイレギュラーなことが起こります。

人工知能にとって初めて経験する症例があるとすれば、その症例に対する正しい回答を人工知能は提示することができないでしょう。また、いくら人工知能が発展したとしても、必ず見逃しはおきるでしょう。

そのような手探りの症例や見逃しの症例に関しては、人間がフォローしてくことが必要です。

不利益を受けた患者に対して「人工知能が下した判断なので、仕方ないことです」とはいかないはずです。

人工知能が当たり前になった時代の病院で、だれがその判断に責任を持つようになるのか、いまから考えておく必要がありそうです。

責任が取れるなら人工知能はミスをしても良いのか?

2018.03.11

人口知能から考える将来性のある診療科・ない診療科。どこが狙い目?

2018.02.10



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。