自宅でスープカレーを作る

私も時折外に出かけていてスープカレーを食べることがあります。スープカレーっておいしいですよね。いろいろな具材が入っていて、いろいろなスパイスが入ったカレーのスープと言うのは、普通のカレーとは全く違っていて、毎日食べていても飽きません。

スープカレーを自宅で作る

そのスープカレーなんですが、自宅で作ることもできるんです。ある時知り合いの先生からハウスのスープカレーの匠と呼ばれる、スープカレーのスープの素をいただいたので、家でも作ってみることにしました。

作り方はかなり簡単で、自分が食べたいと思う材料を準備し、あるものは素揚げし、あるものは鍋でぐつぐつ煮て、カレーのスパイスを加えるだけです。実質的に料理と呼べるのは、材料を切ったり素揚げしたりするところでしょうか。

スープカレーの匠のレシピによると、ジャガイモやニンジンなのはお鍋でぐつぐつ煮て、ピーマンなどは素揚げするように示されています。素揚げといっても油を余分に使ってしまうと思われましたので、私の場合は油を少し入れて炒めるだけにしています。

ふつふつ煮えたところで具材の入った鍋にカレースープの素を入れ、再沸騰するまで加熱すればスープカレーの完成です。実に作り方は簡単でしょう。

その他このスープカレーが面白いのは、好きな具材を好きなだけ入れることができる点です。よくスープカレーの店に行くと自由にトッピングできるようになっていますが、自宅だとトッピングし放題です。

キノコを入れたり、チーズを入れたり、その他何でも入れることができます。料理の幅が広がります。

amazonには結構いろんなスープカレー関連の製品が売っていて、私もよく利用します。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。