若い美人女医が得すること・損すること

絶対的な数は少ないですが、若い美人女医さんと言うのは確実に存在しています。

目を引くような美人の女医さんと言うのは、感覚的には10人に1人位でしょうか。

このような美人の女医さんというのは得していることも多いのですが、美人な女医さんだからこその被害もあるのです。

若手美人女医の割合

そもそも女医さん全体の中では、旦那さんがいたりとか、お子さんがいたりする40代や50代の女性医師も存在しています。

また若い女医さんであっても、仕事が忙しいのか、自分の身なりや容姿にあまり気を遣っていない先生もあります。

そのような事情を考慮すると、やはり2度見してしまうような病院の中で目立つ美人の女医さんと言うのは、10人に1人位かなと思います

この割合は、そもそも全体的に年齢層の若い看護師や、同じく薬剤師などと比較すると、すごく割合としては低くなっているかと思います。

美人女医のメリット

男性医師ウケが良い

ある程度経験のある中堅やベテランの先生は大抵おっさんですから、若い女性の先生と言うだけで、高評価なわけです。

これは男性の根本的なところですが、年配の女性よりは若い女性の方が好きですし、さらに美人の女性となれば、それだけでうきうきします。

そのような若い美人女医には厳しく叱ることがない一方で、優しく指導する傾向があります。

脂ぎった女性に相手にされない中年の医師にとっては、指導と称して美人の女医さんと接するのは楽しみなわけですから、女医さん側から指導を請わなくても、いろいろと教えてくれるわけですね。

ちょうどゴルフの打ちっ放しで、若い女性二人組が練習していると、どこからともなくおっさんが声をかけてくるのと同じ構図です。

患者さんからも高評価

ご存知の通り、病院に通ってくる患者さんの多数は、60代以上の男性または女性と言うことになります。

このうち男性にとっては、若い女性と言うだけで評価が高いのに加えて、さらに美人という事ですから、患者さんの評価は抜群です。

ある病院に勤務していたときなどは、美人の女医さんの外来には長い行列ができているということがありました

理由を聞いてみると、普段その女性に診察してもらっている患者さんが、その美人の先生に会いに行くという目的で、ささいな症状であっても病院にやってくるからということでした。

つまり美人の女医さんであるということで、患者さんが来やすい、集まりやすい状況にあるのです。もはやこれは夜のシステムあまり変わりないように思います。

このように美人の女医さんと言う存在は、すごくたくさんのことを得しているというのは事実です。

一方で、デメリットもあるわけです。

美人女医のデメリット

男性医師からのセクハラ

大抵の男性医師は、下心なく美人の女性医師を熱心に指導するわけなのですが、中にはデリカシーなくセクハラまがいの行為をしてしまう男性おっさん医師もいます。

私の同級生の女医さんは、病棟である先輩男性医師と2人になった時に、スクラブから透けて見える下着について指摘を受けたことがあるとの事でした。

一方である先輩の女医さんは、大勢の医者がいる目の前で、「胸が大きいね」などといったようなからかいをうけたこともあるようです。

今思い返してみると、女性医師が本気になって病院の上層部に訴えれば、大問題になるような発言のような気がします。

しかしながら、狭い病院社会ですし、訴えたところで人間関係がぎくしゃくすると、医師として必要な指導を受けられない可能性もありますから、どうしても泣き寝入りすることが多いかと思います。

女性医師と男性医師のセクハラは、根深い問題です。

先輩女性医師の嫉妬

美人の女性医師にとって、敵は男性だけであありません。

これも私の同級生の話ですが、ある病院に移った時に、同じ診療科の先輩の女性医師から、冷たく対応されることがあったようです。

質問をしても答えてくれず、通常業務で必要なことを教えてくれない。それでいて何か少しでも間違ったことをすると、厳しく怒鳴られると言うようなことがあったようです。

先輩の女性医師からしてみれば、美人の若い女性医師がやってきて、周りの男性医師からちやほやされるというのは、そばで見ていて面白いものではないでしょう。

そのような嫉妬心が、美人な女医さんに強く当たる原因を生んだのかもしれません。

まとめ

美人な女医さんというのは、病院の中でも貴重な存在です。

男性にとっては若い女性、美人な女性というのはいつの時代も憧れですから、美人であるというだけで存分に得をしていることでしょう。

一方では、変な下心を持った男性医師も近づいてくる可能性があり、困ってしまうこともあるようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。