高校時代に出会うありえなく勉強ができる人は実際に存在する。

高校時代には受験生として成績の面で切磋琢磨していくわけですが、あり得ないほどに勉強のできる同級生がいるのです。

彼ら、彼女たちはどういう人間であるかということについて考えてみたいと思います。

インプットの効率がおそろしく高い

高校時代にも、そして医学部に入学してからも感じていたことなのですが、人間の中には、教科書をいちど読んだだけですべてのことが理解できてしまう、凡人には理解しがたい才能を持った人間がいます。

高校時代では、普段は部活動で忙しくしており、おそらく勉強するまとまった時間が取れていないにもかかわらず、常に素晴らしい成績をとり続けている同級生がいました。

彼らは塾通いをしているわけでもないですし、学校の授業をすごく集中してきているわけではないんです。それでも成績が良すぎるのですから驚きです。

こっちなんて必死に必死に勉強しているにも関わらず、成績という点では絶対に彼らに勝つことができないんです。

高校生ながらに、努力しても人間には限界があるということを思い知らされた一つでの出来事かもしれないですね。

彼らは勉強の効率が良い、というだけでは説明できないほどに、知識の吸収とその応用ということに関して優れている印象でした。

ん〜、とにかくわからないほどの能力がある高校生もいるもんなんですよ。

人間性が素晴らしい

そして興味深かったのは、勉強ができる彼らは人間性も素晴らしいのです。

勉強ができる事は当然のこととして、そのことを鼻にかけて自慢することもありませんし、むしろ謙遜しながら生活しているようでした。

また、クラスメイトの悪口を言うこともないですし、

クラス内でもリーダシップを発揮して、困ったことがあれば率先してその問題を解決しようと動き出しますし、とにかくできた人間なのです。

そんな彼らを見ていて感じたのは、あーこの人たちに追いつくのは絶対に無理だなぁと言うことです。

医学部受験で彼らとどのように渡り合うか

少なくとも医学部受験ということに関しては、学力においても人間性においても彼らには及びません。

筆記試験では間違いなく彼らに勝てないでしょうし、面接においても高校時代全体の評価と言うことになれば、彼らには勝ち目はありません。

順当に学力に応じて違う大学を受験すれば、努力型・コツコツ型の人間にも医学部に合格するという勝ち目があるのでしょうけれども、同じ大学を受験した場合には、勝ち目がありません。

特に地方国立大学の場合には、合格ラインを十分に超えた地元の高校生が医学部受験してきますので、いわば合格が約束された学生が受験してくることになります。

椅子取りゲームに例えるならば、すでに誰かが椅子に座っている状態なのです。

ですから医学部受験というのは、まだ合格の決まっていない残されたイスをめぐって争うゲームなんだと思うわけです。

医学部受験における成功の鍵は数学である。数学での高得点が合格への近道

2018.03.19

医学部受験における合否は1点の争いになるよという話。厳しい戦いです。

2018.03.21



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。