医療系メディアでこつこつポイントを貯める方法

正規ルートを使ってお小遣い稼ぎしてみませんか?と言う話です。

医療系メディア乱立の時代

インターネット上には、医者向けのコミュニティーサイトがいくつか存在しています。

そのようなコミュニティーサイトでは、医薬品の広告や、アンケートに答えたりすることによってポイント獲得することができます。

そして、こつこつ獲得したポイントは、商品券とか、Amazonギフト券に交換することができます。

すなわち、アンケート答えることによって、お金がもらえる、というふうに解釈した方が良いでしょう。

私は仕事が暇な時は、このような医療系メディアを訪れては、こつこつとクリックしてきたわけです。

これまでの医療系メディアからの収益

私はこれまで、複数の医療系メディアを利用して、多くのポイントをゲットしてきました。

得たポイントは、汎用性の高いAmazonギフト券に変換しています。

医者になって初めの頃は、自分のアカウントだけでポイント貯めていたのですが、途中からは妻のアカウントも利用してこつこつポイントを貯めるようになりました

というわけで、Amazonギフト券をどれだけgetしてきたか・・・ということですが、以下は2017年度の実績です。

まあこんな感じです。

個人的にギフト券を購入することはないので、登録分は全部医療系メディアからゲットしたAmazonギフト券ですね。

2017年度の実績はトータルすると14万円くらいでしょうか。2018年に持ち越したまだギフト券に交換していないポイントも結構あるので、20万円近くは貯めれているかもしれません。

去年は確か7-8万円くらいする高級スーツケースを2個買いました。その前にはiPad Pro、ダイソンなんかを購入しました。

というわけで、ポイントがたまりやすい医療系メディアについてご紹介したいと思います。

★★★ エムスリー

1番オススメなのは、医師転職のエムスリーキャリアですね

求人サイトでも有名な会社ですが、毎日サイトを訪れて特定の場所をクリックするだけで、アクションという名のポイントがもらえます。

アクションと言う単位のポイント加算し、それがm3ポイントに変換され、それを使ってAmazonギフト券に変換できると言う二段階システムなんですが、ポイントの貯まりははやいですね。

このほか、自分の専門領域に関するアンケートが比較的多く送られてきます。

30分程度必要なアンケートであれば、そのアンケートに答えるだけで5,000円分のアマゾンギフト券を獲得することも可能です。

★★☆ プラメド

プラメドは、アンケートに特化したサイトです。

医療ニュースや薬剤等の情報提供というのはほとんど行っておらず、メインはアンケートの回答になります。

プラメドから送られてくるアンケートは、単価が高いものが多いのが特徴です。ですから、送られてくるアンケートは取り逃さないようにしています。

★☆☆ Medpeer

メドピアも医療系サイトの中では有名でしょうか。

メゾピアもm3と同様に、薬剤の広告を参照したり、アンケートに回答することによってポイントがもらえる仕組みがあります。

ただ2016年ごろから、その単価が徐々に下がってきており、最近はたまに送られてくるアンケートだけ、気持ちのすすむものを選んで回答するようになりました。

★☆☆ ケアネット

ケアネットも医療情報の総合サイトです。

医薬品の宣伝とか、講演会をオンライン上でみることによって、ポイントを貯めることのできるシステムになっています。

一方でアンケートに関しては、たまに単価の良い案件がくるのですが、基本的にあまりメールが来ないので、一気にたくさんポイントを貯めるというのもなかなか難しいサイトです。

★☆☆ 日経メディカルオンライン

日経メディカルオンラインは、医療記事などに強みのあるサイトですね。

このサイトでは、あまり薬剤の宣伝とかはなく、講演会をみたり、記事を読んだりというのが主なポイントの収入源になります。

あまりポイントは貯まらないですね。。。

★☆☆ エスマックス

プラメドと同様に、アンケートに特化したサイトのようです。一応登録をしているのですが、アンケートがほとんど送られてきません。

基本はMRの訪問状況なんかを入力するようなんですが、こちらは面倒なのであまり関わっていないサイトです。。。どうなんでしょうか。

★☆☆ メディカルトリビューン

Medical Tribuneは、医療系記事が充実しているサイトです。立ち位置としては日経メディカルに近いでしょうかねぇ。

基本システムは医療記事を読むことでポイントが加算され、そのポイントを使って商品に応募できる、というシステムになっています。

ですから、商品が当たらなければ、頑張りが無駄になってしまうので、本当に時間が余った時に使うサイトですね。

薬剤師とか看護師でも登録可能なようなので、そのせいで単価が下がっているのかな、といった印象です。

まとめ

以上、医療系サイトでポイントをこつこつ貯める方法をご紹介いたしました。

私はMRの訪問調査とかは面倒でほとんど入力していないですが、これくらいのAmazonギフト券をゲットすることができています。

本気でポイントを貯めようと努力すれば、ひとつのアカウントであっても、1年で20万円くらい貯めることもできると思います。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?