①株を購入する

今はネット証券と言う便利なツールがあるので、株を購入するのは非常に簡単です。インターネットから申し込んで、必要な書類を提出するだけです。

どの証券会社がいい?

ちまたではGMOクリック証券とか、松井証券とか、どの証券会社がいいとか比較したようなサイトがありますが、どれを選んでも同じなんだろうなぁと思っていましたし、今でもそう思っています。

別にデイトレードをして株で生きていくわけでもないですし、ただNISAと言うお得な枠を使って株を売買したいだけなので、私は楽天証券を選びました。楽天証券にして良かった事はまぁ特に思い付かないのですが、かといって特に不満に思っていることもありません。

楽天証券の良さ

インターネット企業の楽天が開設している証券会社なので、スマートフォンなどでアプリを使って株価等を見ることもできるのですが、このスマートフォンのアプリの完成度は非常に高いかなと思っています。

細かい株価の推移や、企業情報などもわざわざインターネットで調べること必要はなくて、すべてアプリ内で完結できるようになっているような気がします。もちろんスマートフォンのアプリ上で株の売買もできます。

 

200万円近くの株を購入

私は1年間かけて大体200万円近くの株を購入してきました。当初は妻の猛反対にあい、なかなか株を購入していくのは難しかったのです。

ただ実際問題のところ東証1部に上場しているような企業が簡単に倒産する確率はかなり低いですし、下がる株もあれば上がる株もあるわけですから、必ずしも損するわけではありません。そのようなことをちょっとずつ説得しながら、株を購入していきました。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

② 1年前に購入した株はどうなったか

1年前の自分は、株と言うものに非常に無知だったわけです。なんとなくこれまでの株価が低いから、これから上昇しそうとか、株主優待が使えそうだからとりあえず購入しようとか、そんなような状況でした。

無知のままに購入した株はどうなったか

今はもう少し勉強しているので、賢い買い方ができるのですが、当時は本当に無知でした。さてそのような無知の状態で購入した株式がどうなったのでしょうか。

だいたい購入してから1年、2016年末のNISA口座の状況です。結論から言うと、2016年後半からは日経平均株価は上昇傾向でしたので、それに伴って私が所有している株式も全体的に上昇しました。

特に上昇したのが株式会社カゴメとスターマイカです。

カゴメと言えばご存知の通り、身近な食品会社で、株主優待も日常的に購入する食料品を送ってくれます。それに目をつけて株を購入したのですが、最終的には20万円位の初期投資で30万円位で売却できましたので、10万円近いの利益がありました。

スターマイカは東証2部、不動産関連の企業です。ある雑誌で「注目」と書かれてあるのをみて購入した完全にギャンブル株です。しかし運良くこちらも+6万円近くなりました。

一方で大きく株価が下がった株式もあります。ヴィレッジバンガードです。

Kabutanニュースより(http://kabutan.jp/news)

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション <2769> [JQ] が1月13日大引け後(15:10)に決算を発表。17年5月期第2四半期累計(6-11月)の連結経常損益は4億9500万円の赤字(前年同期は2億4600万円の赤字)に赤字幅が拡大し、従来の2億3800万円の赤字予想からも赤字幅を拡大して着地。
併せて、通期の同損益を従来予想の5億2500万円の黒字→9000万円の黒字(前期は3億4800万円の赤字)に82.9%下方修正した。

ヴィレッジヴァンガードは都市部や大型ショッピングセンターにヴィレッジヴァンガードやまたはそれと類似性のあるショップを出店しています。

ヴィレッジヴァンガードは都市部や大型ショッピングセンターにヴィレッジヴァンガードやまたはそれと類似性のあるショップを出店しています。

もともとは最低単位の株式所有で、1万円分のヴィレッジヴァンガード関連店舗で使用出来る株主優待券が頂けたのですが、業績悪化に伴ってそれが夏頃に廃止され、さらに業績に悪化も相まって、株価は下降傾向でした。

したがって4万円近い損出が出てしまいました。ああ、なんとも悲しい。結局のところ、これから上がってくる要素もあまりなさそうなので、カゴメ株の売却と一緒に損切りしています。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

株式投資始めました

資産の運用って難しいですよね。 ある本には不動産と現金と株式をこれこれの割合で保持しろとかっていうのがありますが、本当は何が正しいのかわかりません。

株式投資を始める

最近ではインターネット証券の広まりや、税金のかからないNISAと呼ばれる制度も始まったようなので、思い切って株式投資を始めてみることにしました。と思い立ったのが大体1年くらい前です。

資本はある

夫婦ともども医者として働いているので、株式投資に必要な資本はそれなりにあります。ただ投資ファンドや証券会社で働いているようないわゆるプロたちは仕事として株式投資を行っています。そんなプロたちに本当に勝てるのかというのがまず第一の疑問でした。

まぁ言ってみればずぶの素人が風邪とか高血圧の治療をやるようなもんですからね。医者の私たちからしてみれば素人が株に手を出すのと同様に考えられないこと=成功するとは思えないこと、です。

いずれにしても、日中に頻繁に株を売買するデイトレードは時間的にも精神的にも無理なので、株主優待と配当狙いである程度長く株を持つ事を目標に始めました。

資産は運用したほうがお得

私のすごく甘い理解では、資産は間違いなく引用したほうがお得です。超低金利時代では銀行に預けていても大してお金が増えないですし、物価がどんどん上がっていけば銀行にただお金を預けているだけでは相対的に損していきます。

したがって株式投資を始めてみたわけですね。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?