レジデント読み物 – おすすめ教科書

研修医向けの一般的な内科学書というのも、多く出版されています。

基礎医学や臨床医学に関しては、教科書が人を選ぶほど、学習者にとってあまり選択肢がありません

一方で、臨床系の教科書ということになると、これは玉石混合たくさん出版されており、学習者が教科書を選ぶ立場になってきます。

このサイトで紹介しているのは、私が研修医時代に使ったものや、同期の研修医の間で評判がよかったものを紹介しています。

すべて★★★となっています。

★★★ 内科レジデントマニュアル

聖路加の先生方が編集している教科書である。研修医向けとあるが、ポリクリ学生にも使える内容。

各疾患について診断、病態、治療が箇条書き状に書いてあるというよりは、「腹痛」「頭痛」などの症状からどのような鑑別疾患を考え、診察、検査をすべきか、症状、症候からの切り口で書いてある。

このあたりは、研修医が外来などで鑑別診断を考える際に役立つように書かれてある。どちらかというとレジデント向けの教科書なのかもしれない

★★★ Pocket Medicine

ポリクリに持って行くと”できる学生”とおもわれる1冊。

内容はというと、病棟で出会う疾患の概略や診断の進め方などがフローチャートで書いてある。糖尿病や高血圧などのメジャーな疾患、病態では、診断基準なども掲載してある。基本的に1-2センテンスで書かれているので、とりあえず確認しておいて、あとで教科書をじっくり読むというのがスタンダードな使い方であろう。

英語で書かれているが、箇条書きで文章を読む必要がないので、医学単語さえ知っていれば大概は理解できる。

また6穴バインダーの型式になっているので、Pocket Medicineと同じ大きさのペーパーを購入してはさんでおけば、メモを足して行く事によってより理解を深める事ができるだろう。

内科レジデントマニュアルとの違いは、レジデントマニュアルは症候から鑑別を絞っていくという使い方を想定しているのに対し、本書は疾患名、診断名から疫学、検査、症状、治療などを調べて行く使い方を想定している。

★★★ がん診療レジデントマニュアル

国立がん研究センターのレジデントの方々が編集されている。余談だが原稿料は雀の涙程度であるという。

ほぼ全腫瘍を対象として、化学療法のレジメンやそれに伴う副作用に重点をおいて書かれてある。臨床実習を行う学生にとって有用になるのは、抗がん剤の副作用や、副作用が出た場合の対処法などの項目であろう。

マニュアルの最後辺りには抗がん剤1つ1つに対して適応、副作用などが解説してあり、非常に役立つ。

★★★ 内科レジデントの鉄則

聖路加病院のチーフレジデントが、レジデントに必要だと思われる項目について横断的に解説した書。

高カリウム血症への対応、輸液の基本など、研修医が必ずぶつかる疑問についてピンポイントで解説が加えられている。流れとしては簡単な症例を紹介した後に、それぞれのプロブレムを解決する方法を提示している。

当直中や昼間の空いた時間など、片手間に読める教科書である。

★★★ 診断力強化トレーニング

総合診療で有名な先生が執筆されているテキスト。

5ページに1疾患の割合で、症例提示、解説、関連事項の説明がなされている。救急外来、一般外来、紹介受診などのシュチュエーションごとに分けられ、全部で50症例掲載されている。内容は、国家試験のレベルを超えているだろうと思われる。

レイアウトや文章は読みやすく、体裁は整っている。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

内科一般 – おすすめ教科書

このページでは内科一般の教科書を紹介しています。

学生や研修医レベルの一般内科の教科書ということに関しては、ある程度絞られています。

各内科の専門分野ごとの教科書となると、内容が深すぎて、学生や研修医レベルでは少々持て余してしまうと思います。

ですから学生の病棟実習や、研修医で内科をローテーションする際には、まず基本となる内科一般の教科書1冊持っておくことをお勧めします。

★★★ 臨床医マニュアル

1600ページにも及ぶ、臨床医学の総合的テキスト。内容としては、臨床現場で知っておくべきことが網羅されている。問診や在宅酸素療法などについても詳細に説明してある。

各疾患については、診断、身体所見、治療など臨床医学に重点をおいて説明されており、使用する具体的な薬剤とその用量までが書かれている。

各疾患の説明は文章で構成されており、一見して理解できるものではないため、病棟でじっくり読むのが適当。

★★★ 新臨床内科学

内科学の一般教科書・医学書。

縮刷版の最大の利点は扱いやすいことである。机においても、ページを探してもつらくない。文章、イラスト、写真のクオリティは高く、レイアウトもきっちりしている。

内容量は申し分なく、強皮症の項目では分類、イラスト、写真を交えて5ページに渡って説明があり、少し詳しすぎると思えるほどである。

小児科、産婦人科は掲載されていないが、内科系の分野はこの教科書で事足りる。

★★☆* ハリソン内科学

3000ページにも及ぶ内科学の名著で、現在まで原著は20版前後まで出版されている。間違いなく、内科学書の中では一番である。

ただし、冒頭にも書いた通り、学生や研修医レベルという点では内容が深すぎる。確実に持て余してしまうため、★は2つとした。もちろん内科学書一般という点では、★3つである。

内容は常に最新のものとなっており、臨床で役立つ実践的な内科学書である。

疾患の治療に関する説明は、薬剤の選択、薬理作用、副作用などが非常に詳細に書かれており、これらをまとめただけでも1冊の薬理本になりそうな勢いである。HIVや肝炎の治療に関しては読めたもんではない。

分冊になっているとは言え相当ボリュームがあるので、携帯には向かない。内容量、重量感から考えてもあくまで辞書的に使うべき教科書である。

★☆☆ 内科ハンドブック

コンパクトな内科マニュアル。530ページだが、教科書自体はB5サイズで1ページあたりの文字数も少ないので、情報をたくさん詰め込んだ印象は少ない。

ポケットサイズのレジデントマニュアルよりは情報を多く、それでいて一般的な臨床マニュアルよりはコンパクトに、文章量を少なくしてまとめられている。具体的な治療法、薬物選択なども掲載されており実際の臨床で役立つ。

教科書以上の内容は書かれていないので、少し物足りなく感じてしまうかもしれない。学生実習~初期研修の最初に役立つハンドブックだと思われる。

 

★☆☆ 内科診断学

各内科疾患を、診断に焦点を絞って解説している。

本書のはじめの方には症候について多くのページを割いて解説されている。各疾患については診断についての解説が8割程度であり、治療についての解説は基本方針を示すのみにとどまっている。

画像は少ないが、テーブルは多い。本書が診断学に焦点を絞っている所以だろう。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

救急・麻酔 – おすすめ教科書

救急・麻酔分野の教科書は、どちらかというと臨床現場向けに書かれたテキストが多いですね。

救急・麻酔分野はやはり手を動かして初めて成り立つ学問です。

またほとんどの研修医は麻酔・救急分野を経験しますから、医学書のマーケットという点においても、臨床向けの教科書のウェイトが大きくなってしまうのも頷けます。

ここでは、医学部の講義向けの教科書と、研修医向けの教科書に分けてご紹介したいと思います。

講義向け

★★☆TEXT麻酔・蘇生学

研修医・医学生用に書かれた麻酔学・蘇生学(救急)のテキストである。学生向けとあるだけに、出版社の紹介にある臨床実習メモ、イラストなどを含めて理解しやすい。

特に体内閉鎖腔と笑気吸入麻酔を扱った部分では図を用いて非常に分かりやすく書かれてある。

内容量は全体的に抑えてあり、麻酔学は学生レベルで標準的な内容を、蘇生学では総論程度のことしか触れられていない。

しかし、麻酔や救急が医学教育のレベルではマイナー科であることを考慮すると、全体で526ページというのは決して内容不足ではないのだろう。

臨床講義と平行して、試験対策に、どちらにも使える教科書である。

☆★★ 標準救急医学

標準シリーズの教科書。

救急・麻酔分野では座学向けに書かれた教科書は少ないので、講義での教科書ということになると、こちらの医学書も十分選択肢に挙げられる。

研修医向け

★★★ ICU実践ハンドブック

ICUブックが教科書的だとすると、本書はより実践的で臨床に即した解説が多い。

各疾患の一部には実際の処方例や薬剤量なども掲載されている。各疾患・病態は臨床、診断、治療、の流れで解説されている。

コンパクトサイズながらイラストや写真はそれなりに掲載されており、研修医が読むには最適。

★★★ ICUブック

ICU管理について書かれた名著の訳本で、ICU実践ハンドブックと比較すると教科書的・辞書的である。

ICU管理でぶち当たる臨床上の疑問についてポイントを絞って解説され、それぞれにエビデンスとなる論文が引用されている。

それだけに、研修医が読み進めるには少し難解かもしれない。論文を引用したデータのfigureなどは掲載されているが、写真やイラストは多くはみられない。

もちろん研修医になってから読む本

★★★ 麻酔科研修チェックノート

麻酔科研修医向けのポケットマニュアル。コンパクトサイズでありながらカンファレンスでのプレゼン方法、術前回診で問診すべきことなども触れられており、麻酔科研修で必要なことが網羅されている。

実際使用するにあたって重宝するのは、ページの巻末にまとめられている麻酔科で用いられる薬剤の用途と使用量が簡潔にまとめられている項目である。実際の手術室で疑問に思った点をすぐにリファレンスできるのは役立つ。

一方で麻酔科で経験する手技や、各手術に対する麻酔管理などはかなり簡潔に書かれており、他の教科書で補う必要があろう。

麻酔科をローテートする同期の研修医はほとんどみんなこの本を持っていた。

★★★ 人工呼吸管理に強くなる

A4版で309ページ。書いてある内容としては人工呼吸器に初めて触れる入門者(研修医、コメディカル)向けの教科書である。

呼吸生理や鎮痛・鎮静の考え方から解説がはじまり、予備知識が不十分でも読む進める事が出来る。イラストやグラフは豊富で、視覚的に理解できる。

本書の特徴は人工呼吸器のウィーニング(離脱)やNPPVについても多くの説明がなされており、入門書ながら臨床に即した内容となっている。各章の最後には演習問題も掲載されている。

流石に学生で使う機会はないと思うので、購入するなら研修医になってからといったところか。

★★★ 必ずうまくいく!気管挿管

なんといっても本書の特徴は、ビジュアルで理解できるところである。

動揺歯がある患者での挿管や、挿管チューブの固定方法などに関しても、写真をみながら理解する事ができる。

ラリンジアルマスクの挿入方法、エアウェイスコープを用いた挿管方法などについても触れられており、術中気道確保に関して総合的に解説したビジュアルブックといえる。

麻酔科をローテーションするならば、持っておいても村はないだろう。

★★☆ MGH麻酔の手引き

世界的に有名はMGH、マサチューセッツ総合病院のテキスト。

麻酔科研修ハンドブックがレジデント向けであるのに対して、本書は実際に手術室で行われる麻酔の導入、維持、覚醒に関連する事項について解説した麻酔科医向けのハンドブックである。

ポケットサイズでありながら、ページ数は880ページと分量はかなり多くなっている。

各臓器別の手術に対する麻酔のかけ方、合併症をもつ患者において気をつけることなど、より臨床に近いしてんから書かれており、レジデントのうちは辞書的に使うのが適当だろう。

硬膜外麻酔や気管挿管などの手技についても触れられているが、かなり簡潔である。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?