共働き世帯がAmazon.co.jpを頻用すべき3つの理由

Amazonは、存在感をどんどん強めつつありますね。

私たち夫婦も共働きなわけですが、年々アマゾンで購入する物品・購入する金額が多くなっています。

私たちの生活スタイルとしては、週に1度、お互いのどちらかがお休みの土日に1週間分の食料品を買いだめしています。

この食料品を購入するのも、わざわざスーパーに向かうのではなくて、ネットスーパーで済ましてしまうことも多いです。

アマゾンの1番の利点は、自らスーパーに足を運ばなくとも、たくさんのものが指先1つで購入できてしまうと言う事ですね。

時間を節約できる

共働き世帯にとって重要なのは、お金よりも時間です。

もちろんアマゾンで買うよりも近くのスーパーの安売り品を購入した方が、価格的に少しお得と言う事はあるかもしれません。

ただお互いに時間のない中で、自らがスーパーに赴く時間が、どれぐらいの価値であるかをもう一度問い直してみる必要があると思います。

例えば残業代が1時間3000円とするならば、1時間かけて商品を買いに行くよりは、3000円分高くても、ネットスーパーやAmazonで購入した方が、トータルのコストは安くなると考えるべきです。

加えて、どちらが買い物に行くか、などといって家庭で喧嘩していたら、あまりにもお粗末です。

共働き世帯は若干の金銭的余裕があるでしょうから、積極的にやらなくて良いことは外注しましょう。

重いものでも宅配してもらえる

重いものをスーパーで購入すると憂鬱になります。

それを持って車に積み込み、家に着いてからは車から自宅まで運ばなければならない・・・・。ときには車と家を2往復くらいしないといけない場合もあるかと思います。

重さ、というのは買い物するにあたっては意外と面倒なわけです。

ですから、重いものを購入する場合なんかも、Amazonを利用した方が良いですね。重さのある米やお酒、水などのペットボトル類は、もっぱらAmazonで購入しています。

ヤマト運輸のお兄さんには多大な負担を敷いているかもしれませんが、重いものを自宅まで運んでくれているのですから、配送料をいくらか負担しても全然構わないと思っています。

それだけ重いものを運ぶというのは、価値のある労働ではないでしょうか。楽できるところはなくしようというのが、私たち夫婦のスタンスですね。

Amazonプライムに登録すれば、音楽や映画を楽しめる

さらにアマゾンの良いところが、宅配だけではありません。Amazonプライムに登録すれば、様々な得点を受けることができます。

私たち夫婦はもちろんamazon primeに登録しているわけですが、正直先行発売とか、amazon musicはあまり利用しないですね。

というのも音楽も聴けることは聴けるのですが、スマホにダウンロードして系統的に音楽を聴くとか、プレイリストを作るとか、そういうことをするのが面倒だなと思っています。

その点appleが運営しているitunesだと、クリックひとつで音楽を購入、ダウンロード、さらに他デバイスでも共有できるので、使い勝手はこちらの方が良いようです。

Amazon prime ビデオ

ただ、ひとつprime会員になってよく利用しているのは、amazonビデオですね。

これは、amazonが提供している、映画やテレビ番組の視聴サービスなのですが、これは結構使い勝手が良いように感じています。

あらかじめタブレット端末などに映画をダウンロードしておいて、自宅や移動中にそれを視聴するということも十分可能です。

またアマゾンが発売している、amazon fire stickと言うものを購入すると、家にあるテレビに差し込むだけで、amazonビデオを自宅のテレビで視聴したり、primeビデオを視聴することができます。

実は同様のビデオレンタルサービスは、appleが発売しているapple TVもあるのですが、基本的に視聴できるのは映画だけで、扱っている映画の本数が少ないので、amazon fire stickの方が使い勝手が良いと感じています。

まとめ

いまやamazonは、商品を宅配するだけでなく、色々なものを私たちに提供してくれています。

共働き世帯にとっては、時間と労力の節約になる媒体ですから、是非積極的に利用するのが良いでしょうね。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

ローソンのマチカフェはいつになったらセルフになるのか

コンビニエンスストアでセルフ形式のコーヒーメーカーを置くようになりましたね。

その場で豆をひいてくれていて、店員さんに気兼ねするわけでもなく、ホットでもアイスでも好きな分量だけ、手軽にしかも安くコーヒーが買えるなんて本当に利用者にとってはありがたいことです。

病院の中にあるタリーズ、スターバックス、ドトール

セブンイレブンは使い勝手が良い

特にセブンイレブンに行った時などは、店にあるコーヒーは買わずに、セブンイレブンに設置してあるコーヒーメーカーでコーヒーを買うことが非常に多くなりました。

アイスの場合は自分で冷凍庫から、氷の入ったカップをレジに持っていきますし、ホットであれば店員に購入したいコーヒーとサイズを伝えれば、カップを渡してくれますね。

あとはセルフサービスなので、自らコーヒーを注ぐだけです。

本当にセブンイレブンは良いコンビニエンスストアです。

ローソンのマチカフェはセルフじゃない!!

一方でローソンはどうでしょうか。

ローソンにもコーヒーメーカーはちゃんとあります。おいしそうなコーヒーメーカーがちゃんとあります。

ただ場所はカウンターの奥なんですよね。これが致命的にダメです。

ローソンでは注文しにくいのが現状

メニューを見ているとロイヤルミルクティーとか、カプチーノとか、おいしそうなメニューが並んでいますが、買わないのだからどうでもいいことです。

でも本当は買いたいんですよ!!

私が勤務している病院の中にも、ちゃんとローソンが入っています。病院の中のローソンと言うだけあって、昼時はもちろんのことワークタイムは常にレジが混雑しています。

果たしてそのような混雑したレジで、悠長にコーヒーが注文できるかと言うことです。

コーヒーを注文したら、店員さんは会計を差し置いてコーヒーカップを用意して、注文された商品を用意しなければなりません。

混雑しているレジでは、はっきりって余計な仕事です。こっちでやりますよって言いたくもなります。

私が店員で混雑しているレジを担当していて、逆にローソンのいうところのいわゆるマチカフェを注文されたら、

はっきりって「いらっ」っとすると思います。

忙しい外来で長話や、関係ない話をされたら少しイライラしてしまうのと同じように。

ローソンではマチカフェを買いたくても買えない

なので私は病院のローソンに行ったときには、残念ながら冷蔵庫に並んでいるコーヒーを買うしか選択肢がないのです。

だって店員さんとか後ろに並んでいるお客さんに嫌われたくないですからね。

1部の店舗ではマチカフェもセルフサービスになりつつあるようですが、私の住んでいる地域の身の回りの店舗ではそのようなお店は見たことがありません。

早くローソンもセルフサービスを開始して、気兼ねなく引きたてのコーヒーを利用できるようにしてもらいたいものです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

宅配業界が忙しい

最近のニュースに、宅配業者が悲鳴をあげていると言うものがありました。

インターネットの通販の売り上げの増加によって、配送業界の仕事は年々増えているようです。

Amazonをもっぱら利用

私自身のことを振り返ってみても、5年前には想像できないほどアマゾンや楽天に商品の配送を頼っている部分があります。とりわけ重さのあるペットボトル飲料や何かとかさばるティッシュペーパーやトイレットペーパーなどは、問答無用でアマゾンから購入するようになりました。

そのしわ寄せを受けているのがクロネコヤマトや佐川急便などの配送業者のようです。これらの配送業務の増加に加えて、顧客側は数時間ごとに限られた時間指定を行うので、これも配送業者に負担をかけているようです。

病院の先生の何人かは配達先を医局の住所にしているようで、メールボックスに入りきらないダンボールは秘書さんの机で保管されていたりします。まあ業者側にとっては必ずだれかに配達できるので、ありがたいかもしれませんが。

私もよく経験しますが、あらかじめ時間帯指定をしたからと言って、その時間に急な予定で家にいられなくなったりすることもあります。宅配業者からすれば指定の時間に家まで思いに物を持っていったのに、不在となれば相当分は溜まってしまうでしょう。

佐川急便事件

 

物流大手、佐川急便の制服を着た男性が、配達中の荷物を地面にたたきつけている動画がインターネット上に投稿されていることについて、会社は、従業員による行為であることを認め、謝罪するとともに、この従業員の処分を検討しています。

NHKニュース WEB:http://www3.nhk.or.jp/news/

それらの事情を背景として、最近では宅配荷物を粗末に扱う佐川急便の社員が話題になったこともあります。佐川急便の社員はたくさんのノルマを課せられかなり忙しいようですので、思い通りにならないことがあると、荷物に当たりたくなる気持ちがわからないではありません。

もちろん大切な荷物を預けているので、荷物を落としたり蹴ったりするのは論外だと思います。

今後はもっと忙しくなりそう?

この宅配業界の忙しさは、今後どうなるのでしょうか。日本の人口はこれから減り続ける予想ですが、最近のアマゾンジャパンや楽天、などのインターネット通販の売り上げの増加を見ていると、今後の配送業者が忙しくなるのは間違いないでしょう。

細かな時間帯指定を廃止して、配達員の負担を減らす、または配送料自体を値上げして従業員の数を増やし、一人当たりの仕事を減らすなど持続可能な配送業界の構築に向けて利用者側の負担も仕方ないかなと思っています。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者夫婦の家計管理

医者夫婦の金銭管理も結構議論になるところです。私たちの夫婦の間では、基本的にはお互いを監視しながら、好きなようにお金を使っても良いことにしています。

給与明細をスキャン

以前は私たちの間でも、家計簿アプリを使って支出と収入を細かく把握していたのですが、さすが全部は記載し切れないのと、妻がめんどくさくなってしまったので、数年前に止めました。

したがって今は結構ドンブリ勘定になっています。

支出に関してはクレジットカードで決済したものはデジタルデータで閲覧できるので、それをスクリーンショットしてevernoteに貼り付けています。

収入についてはアルバイトをしているとは言う物の、給料を出してくれる病院は結構限られてくるので、Evernoteで給与明細書を共有したり、紙媒体のものはスキャンスナップなどでスキャンしてEvernoteにこちらも共有するようにしています。

お小遣い制でない場合のメリット・デメリット

この制度にはメリットもデメリットもあります。

メリット

良いところは、お互いの許可を得なくても、好きなものを購入できることです。

普段生活していると必要なものがどんどん出てきます。日々の臨床や、それに関連した勉強、また学会に行くときには交通費等も必要になります。

そのような細々とした経費をいちいち報告し合うのは面倒なので、その辺は自由に使えるようにしています。

もちろん10万円前後のするような高額なものを購入するときには、お互い報告し合うようにしています。

デメリット

この制度のデメリットは、お金が溜まりにくくなることです。

やはりお小遣い制と違ってどうしても何かを買うにあたってストップがかかりにくい状況なので、お小遣い制に比べればお金の溜まるスピードが遅くなってしまうかもしれません

お小遣い制は夫に辛い・・・

専業主婦の女性と結婚した大学の同級生は、ほとんどの家庭でお小遣い制が導入されているようです。

お小遣い制度も結構幅があって、学会費や教科書代までお小遣いに含めて厳格に運用している家庭から、一ヶ月分に数万円をお小遣いとして支給し、学会の参加費用や、教科書代をなど、足りない分は随時支給するという家庭もあるようです。

ただ、たくさん給料を稼いでいるのは紛れもなく夫なわけで、自分が自由に使えるお金を制限されてしまうなんてなんとなくつらそうです。僕には無理です。

この仕組みは結構厳しくて、後輩と飲み会に行けば奢らざる得ないこともありますし、アルバイト先の当直病院に間に合わないとなると、どうしてもタクシーを使わざるを得ない状況もあります。

 

 

経費で落ちない分、結構仕事関連の出費が増えたりするもんなんですよね。

つくづく医者っていうのは余分な出費が増えてしまうものだなぁと感じます。

そういう意味ではお小遣い制も僕には合わないなと思ってしまいます(笑)妻がどう思っているかどうかわかりませんが

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

地方都市ではイオンの存在感が非常に大きい

スーパーの業界も再編がどんどん進んでおり、総合スーパーとしては現在のところイトーヨーカドーやセブンイレブンなどを展開するセブン&アイホールディングスとイオンの2つに集約されてきました。

もちろん首都圏では成城石井などの独自色を持ったスーパーが展開されていますが、全国的に見ればこの2つが残っています。

昔のスーパーは

私が小さい頃には、いろんなスーパーが街にはあって、それぞれ切磋琢磨していたように記憶しています。もちろんイオンやイトーヨーカドーもありましたが、いわゆるショッピングモールではなく、ある程度規模も小さかったように思います。

ところが知らず知らずのうちに人口増加の頭打ちに伴ってスーパー業界も再編が進んできたようです。

イオンが一番賑わっている地方都市

最近では地方都市で1番賑わっている場所がイオンのショッピングモールと言うことも珍しくありません。田舎の道を走っていると突如巨大な建物が現れ、広大な駐車場にたくさんの車が止まっている。そのような風景の正体がイオンであることがしばしばあります。

イオンの発展に伴って中心部の中小の書店が閉店し、街の中心部がさらに衰退している現象は全国の地方都市のほぼ全てに当てはまる現象ではないでしょうか。そのような批判を知ってか知らずか、イオンも最近は岡山や旭川に代表されるように駅前に立地させることを始めているようです。

魅力的な街とは・・

個人的には、やはり駅前が賑わい、徒歩でいろいろな店を回れると言うのが魅力的な街ではないかと思っています。

ヨーロッパの都市に行けば、中心部の通りには多くの人が歩き、おしゃれなカフェや商店がある程度活気を持って運営されています。

もちろんヨーロッパの都市では人口の少ない地方都市でも立派にトラムが走っていることも寄与しているとは思いますが、そのような街は一見して日本の地方都市よりは非常に魅力的に見えます。

とはいいつつも、資本主義社会の原理原則を無視することができないのかもしれません。総合スーパーが好きな場所に、好きな大きさの店舗を立てることは法律の上では制限できないですし、どのような商品をいくらで売るか制限することができません。仕方ないのかもしれません。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?