病院の中におけるスクラブ vs ケーシーの永遠の戦い

病院の中でスクラブを着用するか、ケーシーを着用するか、と言うのは、結構好みが分かれたりします。

スクラブ派

スクラブと言うのは、ドラマのコードブルーで医師がよく着ている、色のついたシャツのようなものです。

白のスクラブと言うのはほとんどなくて、たいていはブルーだったり、ブラックだったり、します。時折、女性がピンクとかワインレッドの色をしたスクラブを着用しているのを見かけることもあります。

スクラブのメリットとしては、何より動きやすいことです。

病棟で処置をする外科系の医師や、検査を頻繁に行うような消化器内科の内科系の医師は、スクラブを着ていた方が色々と動きやすいでしょうね。

循環器内科医は結構スクラブに傾いているような気がします。

ケーシー派

一方でケーシーとは、簡単に言うと半袖の白衣と言うものでしょうか。多くの場合は、自分の体の左前にあるチャックを上下させることによって、着脱することが可能になっています。

ケーシーはスクラブに比べると、上半身の動かしやすさ、と言う点では劣りますが作りがしっかりしているので、ポケットにメモ帳や小物類を入れたいときには、上半身が疲れないというメリットがあります。

また見た目の清潔感と言う点では、スクラブが色のついた衣類であるのに対して、ケーシーは白ですから、清潔感があります。

ケーシーは主に処置をあまりしない内科医や放射線科、病理診断科の医師などが着用している印象があります。

スクラブ着るか、ケーシー着るか

病院の中でどちらを着用するかは、ほとんどの病院では医師個人の裁量に任されています。つまりどっちを着ても良いのです。

おおまかな傾向としては、外科の先生はスクラブを着用する傾向にありますし、内科の先生はケーシーを着用する形なります。

また若い先生がスクラブを着用する傾向があるのに対して、役職のあるベテランの先生方は、ケーシーもしくはワイシャツに白衣といったスタイルをとるイメージがありますね。あくまでイメージですが。

ただ60歳を目前にしたベテランの重鎮内科医がスクラブを着ているのはあまりイメージできないですし、これまた若い外科医が、ケーシーを着た真面目そうな姿というのはあまり想像できないのです。

仕事着ですから、おしゃれをして病院の衣類を着ている人はいません。ただ皆さんそれなりに傾向はあるようですね。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

美容室で髪を切ってもらうと言う事

美容室ってなかなか入りにくい雰囲気がありますよね。基本的には女性のお客さんの方が多いですし、スタイリストの人は若くてみんなおしゃれです。医者と言う人種が最も恐れる場所なんではないかと思います。

女医さんはさすがにほとんど美容室で髪を切ったりパーマを渡しているんでしょうけど、男性の医者となると適当なところで髪を切っている人も多いような気がします。

床屋 vs 美容室

男性の場合は顔剃りのことを考えると、実利的な面でも床屋の方が好ましい場合もあるかもしれません。また忙しい日々の中で、予約をしなくても髪を整えてくれる理容室のほうがよかったりもします。

また患者さん側からしてみても、ヘアスタイルをバッチリ決めた医者よりは、清潔感はもちろん保った上で、ある程度あか抜けない方が信頼できると言うようなデータもあるようです。

と言うわけで研修医時代は頑張って美容室で髪を整えていた研修医諸君も、仕事が忙しくなるにつれ、また結婚して子供を持つように従って、床屋で髪を切る先生方が多いように思います。そして皆さん大体短髪ですね。

外科医は短髪な人が多い

内科医だとヘアスタイルのアレンジのしようがあるのですが、これが外科医になると衛生的な面からやはり髪は短い方が無難です。

手術中や処置中はちょうど飲食店に勤務している厨房の人がするように、ペーパー性の帽子をかぶることになりますが、髪の毛が長ければ怒られてしまいます。

ですから、外科医で長髪のひとはなかなかいないですね。患者さんにみられる職業であるがゆえ、本当に長髪の人はなかなかいないかもしれないです。

スタイリストは女性の方が落ち着く

個人的にはイケイケの若い男性に来てもらうよりは、ある程度落ち着いた女性に髪を切ってもらう方が、なんだか安心できます。これが母性本能っていうんでしょうかねー。

私が最近行くようにしている美容室で髪を切ってくれる担当の女性の方にあまり気を使わなくても良いと言うのもありますし、やはり美容室の方が仕上がりのヘアスタイルが一段上のような気がします。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?