学生がいる飲み会に参加して説教をしてはいけない

学生を交えての飲み会は結構開催される

病院で働いている勤務医であっても、医学部の学生と接する機会はしばしばあります。

大学病院で働いている場合には、病棟実習と称してほぼ1年中学生がやってきますから、当然学生と接する機会が多くあります。

医局でやっているイベントが行われる場合には、自らの医局に興味を持ってもらうために、学生を招待することもあります。

その他学生の歓迎会が個別に行われることもあり、そこでは医局の魅力を学生にアピールすることになります。

一般病院で働いていたとしても、学生と接する機会は少なくありません。

医学部の学生たちは、研修先の病院を決めるにあたって、研修病院の候補となる病院を見学して行きます。

私の診療科にも、少なくとも1ヵ月に2回位は、全国各地から医学部の学生がやってきます。そして時間があるときは、その学生たちと一緒に食事をすることもあります。

学生たちに説教する医者は多い

医学部の学生たちと一緒に食事をしていると、ついつい心配するをして説教したくなるものなのでしょうか。

医者の中には、自分自身の経験に基づいて、学生の考えを批判したり、将来の見通しについて「そんなの無理だと」否定する先生もいます。

学生たちと一緒に食事をしていると、ついつい心配するをして説教したくなります。自分自身の経験に基づいて、学生の考えを批判したり、甘い考えについては否定したくもなります。

私自身は、飲み会の席で説教をする事は百害やって一利なし、だと思っていますので、学生の意見を聞き流すだけにしています。

ただ同僚の先生の中には、厳しく学生さんに接しておられる方もいます。飲み会の席にもかかわらずですね

学生たちのつらい表情

もちろん説教された学生はと言うと、当然反論することができません。人生の先輩でもあり、医師としても先輩である医者のいうことですから、当たり前のことです。

そんな学生たちの表情見ていると、なんとも辛そうなのです。

勇気を出して、気を使って飲み会にやってきたにもかかわらず、自分のことを非難したり否定するような発言を聞かなければならないのは、なんとも苦痛なことでしょう。その気持ちは痛いほどよくわかります。

説教はしてはいけない

説教を聞いていると、医者っていうのがつくづく頭が固い生き物なんだなぁと思います。

人は自分と異なる生き方をする人間に対して、ついつい批判的に捉えてしまいがちです。

医局を辞めてフリーで医者をやっていくとなれば、「おいおい就職先は大丈夫か」と批判的になりますし、医局のコネクションを持たずしてアメリカに留学するとなれば、「おいおい収入の面は大丈夫か」と批判的になったりもします。

事実私はそのような批判を見聞きしてきました。このような批判は羨望や憧れの裏返しであることも多いようですが。

新しいチャレンジには批判がつきものである

人間がが何か新しいことを成し遂げるためには、必ず周囲の批判を乗り越えていかなければならないものです。そして新しいことの成功の影には、誰かしらそれを理解してくれる協力者がいます。

自分と異なる考えを持った医者を、批判するのに終始するのか、それとも理解し協力するかというのは、まさに人間としての器が問われているような気がします。

私は常に学生相手であっても、後者でありたいと思っています。

学生の中には、確かに甘ったれた考えや、現実を無視した行動起こそうとしている医学部の学生がいます。

ただし10年後20年後にはそれが標準になっているかもしれませんし、その理想に向かって努力し続けることで、現実になるかもしれません。

そのように考えてみると、いろいろな考えを否定するのではなく、理解してあげると言う姿勢が重要でないかと思えてきます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

当直中に医者が食べているものをご紹介する

病院当直では、生きていくために食事を食べなければなりません。

たいていの病院では病院食が出る

たいていの病院では、病院の食事が出されることが多いです。

私がこれまで当直を行ってきた病院で、食事が出なかったのは大学病院だけです。

さてその食事なのですが、基本的には病院の食堂で作っているようで、患者さんが食べている病院食と同じです。

これがおいしいかと言われれば、残念ながら全く美味しくないのです。

病院食は基本的には健康第一に作られていますので、味付けは薄いですし、硬いものはないですし、カロリーも控えめです。

健康な成人にとってはやや物足りないのが、普通なんですね。

病院食を食べることには意味がある

病院食を食べると言う事は、検食と言う意味もあるのです。

検食というのは食事を検査するという文字通り、医師の立場から病院食について感想を述べると言うものです。

味付けは適当か、分量は少なくないかなど、について食事を終えると検食簿とよばれるアンケートに記入することになります。

この検食率が低いと、病院の医局会などでもっと検食をするように通達がきたりしたことがありました。

というのも、「入院時食事療養」という保険診療上の報酬を獲得するにあたって、下記のような記載があります。

http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/03/dl/tp0314-1b09.pdf

 

2 入院時食事療養

入院時食事療養の届出を行っている保険医療機関においては、下記の点に留意す る。

医師、管理栄養士又は栄養士による検食が毎食行われ、その所見が検食簿に記入 されている。

 

つまり、医者が病院食を食べて、検食簿に記載をしていないと、この入院時食事療養という保険請求ができないことになってしまうのです。

 

言ってみれば、検食というのは、病院が収入を得るために必要なことなのです。

それでもどんどん病院食は食べなくなる

私が医者になってすぐの頃は、頑張って病院食を食べていたのですが、いろんな病院で食事をするうちに、病院食=おいしくないと言う概念が植え付けられてしまいます。

それに伴って、医者になって4年目ぐらいからは全く食べなくなりました。

最近では私が病院で当直するような場合には、自ら外で買った食事をもっていくか、病院内に入っているコンビニエンスストアで買うことがもっぱらです。

おかげで良い年になってから、コンビニエンスストアの商品に詳しくなるようになってしまいました。

医者夫婦が毎朝食べるもの

他にも当直するときに食べるものはある

あるアルバイト先の病院に当直していたときには、少し外出して近所の回転すし屋までテイクアウトに行ったこともありました。

またある時は、近所のおいしい出前を頼んだりもしました。

こうやってたくさんの選択肢があると、どうしても病院食よりは飲食店の食事に目が行ってしまいますね。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者夫婦が毎朝食べるもの

共働きの夫婦ですと、忙しくて朝に食べられるものも限定されてきます。

毎日に医者が食べている朝食について

調理しなくて良い朝食

と言うわけで、朝に調理しなくても良いものを探し求めた結果、毎日同じメニューのものを食べるようにしています。それはフルーツグラノーラと、ヨーグルト、コーヒーです。

フルーツグラノーラはいろいろな種類が入ったもの、ヨーグルトは大抵フルーツ系の一般的に市販されているヨーグルト、コーヒーは夏であればアイスコーヒーや、寒い時期であればホットコーヒーを飲むようにしています。

意外と昼までお腹が空かない

フルーツグラノーラの量も大して多くは無く、カロリー的には午前中の活動を支えるだけのカロリーは足りていないと思います。

ただ不思議なことにこのような朝食を学生時代からかれこれ10年くらい続けていると、毎日少ないエネルギーに慣れているのかどうか、本当に昼ぐらいまでお腹が空く事は滅多にありません。

もちろん外科系のDrのように朝からフル回転しなければいけない診療科では物足りないのでしょうけれど、デスクワークが主体の大部分の診療科では、それで十分なのかもしれません。

人間の体と言うものは不思議なもので、日々少ないカロリーだけで生活していると、そのような状況に合わせて体が進化していくのかもしれません。

妻も炊いてヨーグルトと何かを口にして出かけているようです。

朝食を食べることはたいせつ

小学生らを調べた研究では、朝ごはんを食べている小学生の方が学業成績が良かったと報告されています。よく耳にする話なので、科学的にも裏付けがあるのでしょう。したがって朝方にある程度の糖分・カロリーを摂取するのは必要なことなのでしょう。

本当はホテルの朝食バイキングみたいにたくさんの量をある程度食べれば良いと思うのですが、共働きの世帯では忙しい朝に栄養たっぷりの料理を作る暇もありません。やはり出来合いのもの食べると言うのが精一杯なのかもしれません。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

自宅でスープカレーを作る

私も時折外に出かけていてスープカレーを食べることがあります。スープカレーっておいしいですよね。いろいろな具材が入っていて、いろいろなスパイスが入ったカレーのスープと言うのは、普通のカレーとは全く違っていて、毎日食べていても飽きません。

スープカレーを自宅で作る

そのスープカレーなんですが、自宅で作ることもできるんです。ある時知り合いの先生からハウスのスープカレーの匠と呼ばれる、スープカレーのスープの素をいただいたので、家でも作ってみることにしました。

作り方はかなり簡単で、自分が食べたいと思う材料を準備し、あるものは素揚げし、あるものは鍋でぐつぐつ煮て、カレーのスパイスを加えるだけです。実質的に料理と呼べるのは、材料を切ったり素揚げしたりするところでしょうか。

スープカレーの匠のレシピによると、ジャガイモやニンジンなのはお鍋でぐつぐつ煮て、ピーマンなどは素揚げするように示されています。素揚げといっても油を余分に使ってしまうと思われましたので、私の場合は油を少し入れて炒めるだけにしています。

ふつふつ煮えたところで具材の入った鍋にカレースープの素を入れ、再沸騰するまで加熱すればスープカレーの完成です。実に作り方は簡単でしょう。

その他このスープカレーが面白いのは、好きな具材を好きなだけ入れることができる点です。よくスープカレーの店に行くと自由にトッピングできるようになっていますが、自宅だとトッピングし放題です。

キノコを入れたり、チーズを入れたり、その他何でも入れることができます。料理の幅が広がります。

amazonには結構いろんなスープカレー関連の製品が売っていて、私もよく利用します。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

毎日に医者が食べている朝食について

日々忙しく働いていると、朝食を食べる時間を十分にとることが難しくなってきます。私たち医者夫婦の朝食の事情についてお話ししたいと思います。

朝食はシリアルとヨーグルト

私は毎日食べるものが決まっていて、専らシリアルとヨーグルトになっています。理由は2つあって、栄養バランス的に最低限保てれていることと、最小限の時間で食事を済ませることができるからです。

シリアルはよく市販されているもので、毎日特段おいしいと思って食べているわけではありませんが、最低限の食事で栄養バランスよく摂取するには、最適な選択肢だと思っています。またヨーグルトは腸の調子を整え、満腹感を得るために毎日食べています。

上記の物に加えて、毎朝コーヒーまたは紅茶を飲むようにしています。この食事法を約5年ぐらい続けていますが、今まで特に秋田事はありません。

妻は食べない

妻は朝食を食べないことが多いようです。

朝食を食べない事によて、午前中のパフォーマンスが低下するということがよく知られているようですので、ぜひ食べて欲しいところなのですが、なかなか時間もなくてそうはいかないようです。

毎日朝食を食べていている身からすると、食事を食べないで、よく働けるなと言ったところなのですが、実際どうなのでしょうかねえ。

子供がいたらもう少し考えた朝食にするかな

もし私たち夫婦に子供がいたら、さすがにシリアルだけを食べさせたり、何も食べさせなかったりするのはかわいそうなので、食事を作ることになると思うのですが、何を食べさせれば良いのでしょうか。勉強しなければなりません。。。

他の先生方は様々

後輩や同僚の独身の医者の先生方を見ていると、やはり朝食に関しては時間がないようで、病院の中に入っているコンビニエンスストアでパンを買ったりとか、通勤途中のお店で何か買ってきている姿をよく見ます。

やはり朝食は家で健康的なもの食べたいところですが、独身だったり子供がいなかったりする場合はなかなかうまくはいかないようです。

もちろん既婚の先生方は、自宅で奥様のおいしくてボリューム満点の朝食を食べていることなのでしょうね。逆に既婚の先生方が簡易な朝食を食べているとそれはそれで残念ですが。

外科の先生はエネルギーが必要

また外科の先生の場合は、手術が長くなってしまうと夕方まで食事を食べることができないと言う場合も往々にしてあるので、そのような長い手術が予想される日には、朝食としてかなりボリュームのあるもの取っているようです。

私も研修医時代には、先輩の先生が夕食かと思えるほどの量の朝食を食べているのを見て、不思議に思ったことがあります。やっぱり外科の先生は体力勝負の世界のようだということを実感しました。

当直中に医者が食べているもの

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?