看護師さんにおすすめの転職サイト

医師の転職サイトを利用して、スポットのアルバイトや非常勤の勤務をした経験から言うと、転職サイトは大手の方が良いです。

以前、個人が仲介する医師の当直バイトをしたことがありますが、散々でした。勤務が終わる時間は事前に聞いていたはなしと違いましたし、仕事内容も、聞いていたよりもしんどいものでした。

看護師さんの場合は、医師と違って医局や専門性による縛りがなく、比較的転職しやすい職業かと思います。

看護師の仕事は大変です。患者さんにセクハラされたり、罵倒されたり、一方で医師からは厳しく責め立てられたり。同僚の看護師との人間関係に悩むこともあれば、夜勤がつらいこともあるでしょう。

最前線での勤務を経験したら、あとはゆったりと働いてみませんか?何も看護師さんが活躍できる場所は、医療の最前線だけではありません。

患者さんにゆったり寄り添い、それでいて自分の時間もゆったり持てる、そんな勤務を探し出すことが、転職サイトでは可能です。

信頼のある、そして案件の多い大手の転職サイトを利用されることをおすすめします。

マイナビ看護師


転職業界で有名な、マイナビの看護師転職サイトです。

親身なコンサルタント、全国に展開、豊富な求人案件など、おすすめのサイトです。

ナースパワー人材センター



 全国的な看護師の求人募集を行なっているナースパワー人材センターです。10万人以上の看護師の利用があり、業界大手となっていますね。

ジョブデポ


8万以上の看護師求人を掲載しているジョブデポです。現在は入職決定で40万円のボーナスが支給されるようになっています。

MCナースネット



会員数が14万人を超えているMCナースネットです。転職に際して面談を行うことで、求めている転職像が明確になることがあるようです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

医学的な質問をしてくる看護師さんはウェルカム

看護師さんの中には、医学的なことを聞いてくる看護師さんもいます。

基本的には看護師さんの質問は歓迎

基本的には私は、このような看護師さん医学的な質問は非常にウェルカムですね。

いま患者さんに行なっている治療によって、患者さんが今後どのような副作用が出てくるかとか、どのようなことに注意して経過を見ていけばよいか、と言うことを医師と看護師さんの間で共有しておくのは非常に大切です。

少しでも症状がが出てくれば、それに対して早期に対処することができますし、看護師さんも医者側の考えがわかることで、看護をやりやすくなるのではないかと推察します。

勉強しようとする姿勢が見えるのも、やる気がある看護師さんということで、医者側の評価も高いと思います。

医学的な質問を歓迎しない医師もいる

ただし医者の中には、看護師さんからのこのような質問を真剣に取り合わずに、適当にあしらってる人もいます。

確かに病棟業務や外来業務でいろいろ忙しい時に、このような質問をされてしまうと、口では真面目に答えていても、頭の中では早く終われと思っていることも確かにあります。ですから聞くタイミングというのも結構重要なのかもしれません。

ただし、医者と看護師は同じ世界でいきる職種なのですから、常日頃から看護師を敵視している一部の医師以外は、状況見ながらであれば必ず快く質問に答えてくれることでしょう。

思わず耳を疑った看護師さんの一言

以前大学病院で働いていた時のはなしです。

治療方針について説明しようとすると、看護師さんから「どうせ副作用が起きても先生が対処するんだから、どうぞ好きにしてください」と言われたことがあります。

まあ確かに患者の全責任を持つのは医師な訳です。ただし本来はチーム医療として、多職種が共同して患者に医療を提供しているわけです。

ですからこのような「私は知りません」的な、責任放棄ともとれる発言をされてしまうと、医者側としてはモチベーションがだだ下がりです。

こういう発言があってからは、その発言をした看護師さんに対しては一歩引いて物事を頼むようになりました。やはり仕事は信頼関係が大切ですから、信頼できないと判断した看護師さんには、重要な仕事は頼めないものです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

なかなかこちらの指示を聞いてくれない看護師さん

もちろん看護師さんの中にも仕事ができる看護師さん、そうでない看護師さんがいます。

あまり仕事のできる、できないでレッテルを貼りたくはないですが、仕事ができない人には物事を頼まないようにしています。

医療はすべての職種が一緒になって提供されるものである

というのも、病院で提供している医療はまさにチーム医療の賜物です。

病気の治療を1つとってみても、医師、看護師始め多くの医療従事者の協力のもとに成り立っています。ですから我々医師だけが頑張っても、最良の結果は得られないものです。

だからこそ、医師だけでなく、薬剤師や看護師さんの力添えと言うのは必要になってきます。手術室で手術器具を手渡したり、記録や患者の身の回りに関して看護師さんの果たす役割も必要ですし、病棟で患者さんのケアをする看護師さん重要です。

薬の内服に関する指導や、飲み合わせについてアドバイスをする薬剤師さんの立場も重要です。

これらのどれかが欠けてしまうと、十分な医療ではなくなってしまい、あまり良くない結果を生んでしまうこともあるdせよう

つまり医者側の医療行為は十分にあったにもかかわらず、その後のケアが不十分なために患者さんが不利益を被ってしまったり、また患者さんのケアは完璧であったのにもかかわらず、処方薬に関する知識について薬剤師が確認不足があり、問題がおきてしまう可能性もあるわけです

最終的な責任は医師がとる必要がある

いずれにしても、不十分な医療を提供してしまった場合には、最終的な責任は医者が背負わなければなりません。

看護師や薬剤師のミスを、私たち主治医側が知らんふりすることはできないわけです。必ず謝らなければならないんです。

そのような観点から考えると、仕事のできない看護師に仕事を任せると言うのは、実は非常にリスクが高い可能性もあるわけです。

こちらの話を聞いてくれない看護師さん

私はある看護師さんに対して、患者さんにお話があるので、退院前に私に電話を下さいと言っていましたが、その看護師さんは私の言ったことを全て忘れていました

その時は、看護師さんとの関係を重視して特に何も言いませんでした。

その1ヶ月後、検査のために病院に来院していた患者さんに話があるので、検査が終わったら電話を下さいと、言っていたにもかかわらず、その同じ看護師は何も連絡をよこしませんでした。

幸いにも患者さんには何の被害もないのですが、こちらの指示に従ってくれない看護師さんと一緒にする仕事をするのは精神的な苦痛だけでなく、安全性という点でも不安ですね

ですからなるべくであれば、そのような看護師さんとなるべく関わらないようにして生きていきたいものです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

看護師さんと円満な関係を築くために必要なこと

病院で働いていく中で、必ず心得ないければいけないことがあります。それは看護師さんと良好な関係を築く事ですね。

病院での仕事を進めるためには、看護師さんの仕事が不可欠

私たち医師の仕事は、看護師さんの手助けがなければ、仕事がすすまないといっても過言ではないでしょう。

採血やレントゲン、薬の処方等は電子カルテ上で行うことができますが、実際に血液を採取したり、病棟に配分された薬剤を患者さんにのみ間違いが内容に配薬するのは、看護師の仕事になります。

また日々患者さんとコミニケーションをとって必要な処置を行い、体調の変化などを観察するのも看護師さんの重要な仕事になります。

私は医者になってから常々思うんですが、患者さんにとって1番身近なのは間違いなく看護師さんと言う存在です。病棟の業務のうち、実際の大部分を行っているのは、看護師さんであると言うことが言えるのではないでしょうか。

逆に言うと、医者はただ椅子に座って、手や口を動かすだけでも務まってしまう職業なのです。

看護師さんに嫌われてしまうと、仕事がスムーズにすすまない

では上から目線で偉そうに看護師さんに指示だけを出していれば、それで病棟業務がうまく進むか、というとそうはいきません。

看護師さんに嫌われてしまっては、こちらの出した指示をスムーズに行ってもらえなくなってしまいますし、困った時に少々の無理も言えなくなってしまいます。

医者と看護師は、いわば指示する側と指示を受ける側の関係であるわけですが、決して上司と部下の関係ではありません。このことをわきまえておかなければ、痛い目を見ることになります。

時折医者の中には、看護師さんを下に見ている輩がいますが、私は本当にそういう考え方は間違っていると思っています。

明日から、採血をやって患者さんのケアをして、処方薬を振り分けてと言うことをやれと言われたら、残念ながらやれる自信はありません。それぐらい専門性があって、大変な仕事な訳です。

ですからチーム医療と言うのを意識することが非常に大切です。

常に看護師さんとは対等な立場で接することが重要である

ですから看護師さんに何かお願いするときには、決して上から目線ではいけません。あくまでも対等な立場でお願いすることが必要です。

そのためには病棟のルールを遵守することが必要です。よくあるのは翌日の分のレントゲンや採血オーダーは、前日の夕方までに入力するとか、処方についても前日までに入力するなどといった配慮が必要です。

このような日常の決まりを遵守することができて、初めてイレギュラーな事態にも対応してもらうことができるのです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

病院を辞めていく看護師さんって結構多いんです

私が大学病院で働いていた時は、毎年病棟の看護師さんが4人とか5人ぐらい辞めていくようでした。仕事ができる若い看護師さんも辞めていくもんですから、いろいろとびっくりしたもんです。

結婚して病院をやめる看護師さんは多い

病院を辞めていく中で、結婚を機会に看護師さんを辞めていく人は多いですね。

私や妻の同僚の男性医師で、看護師さんと結婚した人はすごく多くいます。その人達の名前を列挙してください、と言われれば、10秒以内に5人くらいのお顔が浮かびます。

とりわけ男性医師と結婚する場合は、経済的にも余裕がありますから、辞めていく看護師さんが多いのかもしれません。

やめていくなんて結構もったいないなぁと思っていたのですが、色々と理由を聞いてみて、合点が行くことばかりでした。

病棟の人間関係がきつくなってくる

 

そもそも看護師さんは女性社会ですから、いくら仕事内容がきつくなかったとしても、年数が経ってくると人間関係の点でどうしても辛くなってくる部分があるのかもしれません。

中学校や高校のクラスでいじめ問題があるのと同様に、職場の人間関係と言う点においても、どうしても軋轢が生まれてしまうのかもしれません。

この点、医者の世界ではあまりないかもしれません。仲の悪い医者同士はもちろんたくさんいますけれども、基本的には大学病院以外は医者の人数が少ないですし、基本的には個人プレーなので、互いに干渉することが少ないように思います。

看護師さんは医者よりも転職しやすい

辞めていく看護師さんについては、勤めている大学病院を辞めて地元の小規模の病院に移ったりお子さんがいる看護師さんは、大学病院を辞めて時間的に都合のつきやすいクリニックに就職すると言うことをおっしゃっていました。

看護師さんは技術職・資格職ですし、今は全国的に不足しています。冒頭の大学病院の話では無いですが、毎年何十人も採用していたとしても、一病棟で毎年4-5人にも病院を辞職していては、いくら採用していても足りないでしょう。

一方で、看護師さんは医者よりもはるかに転職しやすいといえるでしょう。

大学病院で働いている医者の場合には、転職するのはすごく勇気がいります。

基本的に自分の専門性の分野で就職しようとすると、病院や就職口はかなり限られます。基本的には大学医局が関連病院と呼ばれる中規模〜大規模な病院の人事権を握っていますので、自分の意思でこれらの病院に就職するのはほぼ不可能です。

さらに、大学病院勤務の医者の場合には、病院を辞めると言う事はほぼイコール医局を辞めると言うことになってしまいますので、多くの犠牲を払ってしまわなければならない可能性もあります。

専門医取得前の転職であれば、専門医を取ることが難しくなる可能性も考慮しなければならないのです。

一方で看護師さんには医局と言う組織が存在しません。ですから、大学病院を辞めても、すぐ隣の病院に就職、ということも全く可能なわけですね。

さらに細分化された専門性ものは存在しませんので、職場の移動というのがあまり制限ないのかもしれません。

 

こういう記事を書いていて、転職ということに関しては看護師さんの方がすごく恵まれているな、と感じてしまいました。

看護師さんにおすすめの転職サイト

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者だってやっぱりかわいい看護師さんの方がいい

本来は、看護師さんの評価を容姿で見るべきではないと思います。

ただし恋の盛んな研修医時代や若手時代は、どうしてもかわいい看護師さんに目がいってしまいますよね。

研修医時代には看護師さんと飲み会に行く機会が多い

研修医時代には、看護師さんと何度も飲みに行くことがありました。私から誘うこともありましたし、誘われることもありました。

大部分は同期の研修医が仲の良い看護師さんを誘って、という感じで、飲み会にやてくるのは、どちらかと言うとかわいい看護師さんばかりです。

これはもうどうしようもないことなのですが、やっぱりかわいい看護師さんとお酒飲んでいたほうが楽しいですね。男がキャバクラに行って着飾っている女性とお酒を飲むのが楽しい、と思うのと同じ感情だと思います。

あ、キャバ嬢=看護師さん、というわけではないですよ。

かわいい看護師さんには寛容になる医師が多いと思う

仕事をしていて何かしら小さいミスをしたとしても、ツンツンしたおばちゃんの看護師さんだったら、もうしょうがないか、と言う感じで言葉少なに去っていくと思います。

一方でかわいい看護師さんだったら、ちょっといじめたくなるというか、じゃあ気晴らしに飲み行くかと言うような形で誘ってしまうかもありません。もうこれは男の本能ですね。

あまり良いことではないかもしれませんが、美人は正義です。

看護師さんと仲のよかった研修医は、看護師さんと結婚することになった

私の友人が、だいの看護師さん好きで、病棟の若い、かわいい看護師さんと付き合ったり別れたりを繰り返していました。

それだけでなく、外来や違う部署の看護師さんにもモテるらしく、しばしば弁当やお菓子などの差し入れをもらっていました。

ちなみに彼は、研修医の2年間で5人ほどの看護師さんとおつきあいし、最終的には5人目に付き合った看護師さんとできちゃった結婚していきました。

病院内の男女関係をかき乱しながら、最終的には看護師さんと結婚することになった私の同期よ。ああ。でも今は彼はすごく幸せそうです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?