USEML step1の得点結果

学習記録

受験する年の3月まで:First Aidをだらだらと解く

4月-6月:Kaplan Q Bankを1周
7月-9月:USMLE WORLD Q Bankを1周+間違えた問題(正答率50%)
10月まで: Pathology Question Bank Powered by USMLE Consultを1周+間違えた問題
11月まで:First Aid Q&A 1周+間違えた問題
12月中旬まで: USMLE WORLD Q Bankを1周+間違えた問題(正答率73%)
年末まで:復習など

合計6000問解きましたが、ちゃんと見直せたのは4500問くらいですね。
自分なりの反省点を書くと

(1)3月までだらだらと問題を解くのは良くなかった。
1月にCBT、3月は丸々海外にいたので、年始3ヶ月は全く勉強が進みませんでした。非効率的でした。

(2)Kaplan Q Bankが中途半端になった。
自分の知識になるまで取り組めませんでした。

(3)USMLE WORLD Q Bankを2周した。
ちゃんとした学習計画がなかったので、2回もonline問題集を買うハメになりました。

Step1の得点結果99点

目標にしていた99が取れたのはめでたきことですが、学習計画がしっかりしていればもっと高得点が狙えたのかな、という思いもあります。

得点の内訳

本試験での得点率です。

Behavioral Scienceの得点率が低かったのは予想通りとして、意外に消化器系も悪かったようです。生化学、遺伝学、薬理学など基礎医学の分野は臨床科目に負けず劣らずだったので、勉強の成果は出たようでした。

Step1の得点とresidency program

自分のスコア230がどれ程の意味を持つのか調べました。ちなみに U.S seniorとは医学部4年のことらしいのです。

このFigureはgoogle画像検索で引っ掛けてきたもので、出典元は分からないので参考程度にしてください。

First Aid Guideの最初の方のページに掲載してあるFigureとほぼ一致しますが、放射線、形成、皮膚科、外科全般は人気(competitive)であるようです。逆に家庭医学、精神科あたりは人気がないですね。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。