USMLE step1対策本で必ず持っておきたいもの

あれこれ教科書を渡り歩くのはしんどいので、網羅的で有名な教科書を3冊紹介します。

下記の4つのテキストは、

First Aid for the USMLE Step 1

言わずと知れたFirst Aidです。本書はUSMLE step1の受験者にとってマストとなっているようで、米国のAmazonでは42人がレビューしているにも関わらず★4.7/5.0というすばらしい評価を得ています。

内容はというと、step1で問われる生理、薬理、解剖、生化、病態生理などに的を絞って1つの項目に対して1〜2行で説明されています。図やグラフ、表も豊富で、一目で分かるようにまとめられています。

この本をすべて記憶すればstep1で8~9割得点できるんじゃないでしょうか。ネット上で情報収集した結果、First Aidを基本として学習を進め、新たに学習したことをFirst Aidに書き込んでいくという学習方法が最も効率の良い方法のようです。

前の方ではStep1についてのスケジュールの建て方、学習方法の案内があり、後ろの方のペーシではstep1に関連する教科書、問題集が、実際の読者からレビューされておりこちらも多いに参考になります。

First Aid Cases for the USMLE Step 1

こちらは、step1の問題集となっています。

step1を受験するにあたっては、メジャーとなるのはオンライン問題集になるわけですが、こちらは導入に最適な問題集と言えるでしょう。

掲載してある問題は基本的で、本番のレベルとほぼ同じ程度になっています。

まずはこちらの問題集をときながら勉強していく、というのが良いでしょうね。

Rapid Review Pathology: With STUDENT CONSULT Online Access

Pathologyと記載はあるが、USMLEで出題される一般的内容はカバーされている。箇条書き、または1-2文で書かれており、試験対策のために書かれた本である。

基本的な体裁はFirst Aidとほとんど変わりない。それよりは詳細に書かれている。First Aidでは書かれていない内容を補完する役割の試験対策書。

Robbins and Cotran Atlas of Pathology

Step1では病理写真と数行の説明が示された上で解答を導く問題があります。病理所見を知っていれば文章を読まずに選択肢を選べる場合もありますし、 逆に病理所見を知らなければ解けないような問題もあります。

したがってStep1では病理全体、とりわけ病理所見について幅広い知識を持つ事が必要です。

この本はRobbinsの姉妹本ですが、一疾患に対してMRI,CTなどを含む写真が1~3枚載せてあり、写真1枚に対して数行の説明が付してあります。

文章量は適当で、レイアウトは非常に見やすいものとなっています。 病理所見のキーとなるポイントもおさえられていて、Step1の試験対策に多いに役立ちます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

と思ってこの本の裏側を見てみると、「1200以上のフルカラーイラストがあって、これらは臨床や病理、USMEで出会うものだろう」とあります。やっぱりUSMLEを意識して書かれてるんだろうと思います。
ちなみにFirst Aidにも代表的な病理所見は掲載されていますので、無理して本書を買うことはないでしょう。しかしながらStep1対策のみならず、医学部の学習にも使える読みやすい教科書ではあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。