出張医として他の病院で診療を行う、とはどういうことか

地方病院なんかで病院を受診すると、「本日の診察は出張医」という看板が出ていたりします。

出張医とは、医者が少ない病院に他の病院から派遣された医者のことを指します。

現代風に言うところの、派遣医師といったかたちになるでしょうか。

出張医の概要

多くの場合は大学病院の医局から、地方の病院に出張に行った医師のことを指します。

地方の病院では、常勤で医者を雇うほどの患者がいない一方で、週に1日とか2日位は診察してほしい診療科というのがあります。

例えば内科や外科であれば、需要が多いので常勤の医師がいても問題ないのですが、皮膚科や眼科の場合はどうでしょうか。

週に5日の診察は要らないにしても、週に2日ぐらいは診察して欲しいと言うようなことがあります。

医者を雇うのはコストがかかる

また現実問題として、地方の病院に常勤の医師を1人雇うのには、多大なお金と労力が必要になります。

地方病院で医師が一人で十分、といったような病院には、大学医局も人材不足の中、派遣するのは前向きではないでしょう。

また、求人会社に医師の紹介をお願いしても、数百万円単位の紹介料が必要になってきます。

都市部の病院でさえ医師の確保に難渋している昨今の医療事情では、地方の病院に医師を呼ぶと言うのは、すごく難しいことになってしまうのです。

そのような場合に、出張医と言う形で医者を募集するのです。

出張医の多くは大学病院から派遣される

派遣元は多くの場合は、医者の数に比較的余裕のある大学病院からになります。

大学病院の医師にとっては、低すぎる大学病院の給与補うこともできますし、地方病院にとっては医者の派遣を受けることができると言う点で、win-winの関係になるのでしょうか。

私も大学病院に勤務しているときには、普段の大学病院勤務から環境がかわり金銭的にも良いという点で、この地方病院の出張と言うのが密かな楽しみでした。

もちろん外来は混んでいますし、休めないですし、移動時間もあるので、決して楽な訳ではありませんでしたが。

一方で数は少ないですが、地域の基幹病院から医者が出張に行く場合もあります。

地域の基幹病院は比較的人材に恵まれていますから、そこから、より地方の病院に勤務しにいくと行ったような形態です。

出張医の仕事

出張医は日単位で勤務していくことになるので、業務内容も限定されてきます。

誰も常勤医師がいないような病院に赴く場合には、当然術後管理等はできないですから、外来診療がメインになります。

外科系の診療科で常勤医師がいる場合であっても、術前の情報などを得ることは難しくなるので、やはりその業務範囲は限定されてしまいますね。

出張医の仕事面でのデメリットというのは、常勤で勤務しているわけではないので、やはりどこか責任感が薄れてしまうところでしょうか。

大学病院で勤務している場合だと、日々自分の診療の具合について評価を受ける立場にあるわけですが、週に1日しか行かないような病院では、その監視の目が緩かったり、なかったりするわけです。

出張に行った場合の給料はかなり良い

出張に行った場合の報酬というのは基本的には日給で支給されます。

金額は結構高額で、診療科にもよりますが1日働けばおおよそ80000円以上になります。

知り合いの内科医は、地方の病院に1週間ずっと出張ということがありましたが、夜間の待機や当直も含めて、1週間で100万円以上の給料があったと聞きます。

出張医師として勤務することは、それだけ効率よくお金を稼ぐことができるのです。

医者が行うアルバイトとはどういうものか。その時給は1万円以上が相場

2018.02.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。