医局の弱体化と関連病院の自立

私が医者になってすぐの頃は、医局と関連病院というのは、まさに主従関係にあるものと思っていました。

ここでいう関連病院とは、つまり医局の関連病院ということになりますね。

これまでの医局と関連病院の関係

医局と言う人材派遣会社が、大学の内部と関連病院の人事権を全て掌握しており、医局の独断と偏見によって人材派遣が行われると言うものです。

その強い人事権に従って関連病院側は医局に様々な働きかけを行い、優秀で豊富な医師を派遣してもらうようにお願いすると言うのが慣例になっていました。

この制度にはもちろん問題点がたくさんありましたが、都道府県単位、地域単位の医療を安定的に支えるといった意味では有用であったかもしれません。

また様々な症例を医師に強制的に経験させることで、ある程度自立した医師を育てるということに関しては有意義であったと思います。

ただし状況はどうやら少しずつ変わってきているようなのです。

関連病院からの医局の撤退傾向

最近私がよく見聞きするのは、関連病院からの医局の撤退と、それに伴う関連病院の自前のでの医師確保です。

新現職研修制度が始まって長らく経過し、一部の大学病院を除いては、そもそも医局にはいる研修医がどんどんと減っているようなのです。

私の知っているある大学の内科系の医局は、関連病院に勤務する医師の数に比較して新人の入局員があまりにも少ないため、どんどん関連病院から手を引いていると言うことでした。

正確にいうと、関連病院を維持するだけのコマがないといったところなのでしょうか。

医局から関係を断ち切られるほどの優先度の低い関連病院の事ですから、当然フリーランスや他の大学病院から医師は集まるまでもなく、診療科の多くは、出張医師体制か、診療科の閉鎖の状態に追い込まれることが多いようです。

これは決して地方病院の問題だけではありません。

都市部に位置している病院で、毎年医局から人材の派遣を受けている病院にあっても、やはり医局全体の規模の縮小に伴って、満足のいくだけの医師の派遣を得られにくくなっているようです。

自前で医師をリクルートする病院もあると聞きます

そこで、病院の中には研修医を自前でリクルートする病院も現れてきました。

主従関係にある関連病院の中で、関連病院側が医局の人事とは全く関係のない人間を採用する事は、ご法度のように思えてしまいます。

ただ実際のところは、これは医局側も黙認しているようであり、私の知っているある都市部の総合病院では、すべての診療科が大学病院の医局の関連病院であるにもかかわらず、一方で自らリクルートした医師を雇用しています。

つまり、医局から派遣されている医師と、直接雇用されている医局と関係のない医師が一緒に勤務していることになります。

部長職をだれにするか

もちろん医局から派遣を受け続けるためには、各診療科の部長というのは、医局に所属する医師にする必要があるのでしょう。

そうでなければ、医局が関連病院に医師を派遣するメリットがなくなってしまいますからね。

このような病院の医局離れというのはどんどん進んでくるでしょうし、医局が病院に対して十分あ人材を派遣するのはもっとも難しくなってくることが予想されます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。