医者に処方された薬が効かなかったときにすべきこと

もし医者に処方された薬の効果がなかった時は、どうすれば良いのでしょうか。

薬の処方にもいろいろなケースがありますので、ケースバイケースで考えていかなければなりません。

薬の中には、効果が実感できなくても飲み続けなければならない薬があります。

内服薬の種類によって役割が異なる

たとえば血圧を下げる薬や、糖尿病の薬などは、効果を実感できる事は少ないことがほとんどでしょうね。

血圧が10-20くらい違っていたとしても、それぞ実感できる人間はあまりいないでしょうし、血糖値も低ければわかりますが、高いかどうかは実感するのが難しいかと思います。

このような薬は効果の実感という点では症状にあまり直結しませんが、長期的には飲み続けることが必要な薬です。

一方で痛み止めや吐き気どめなどは患者さんがすぐに効果を実感しやすい薬でもあります。

そしてこれらの薬は毎日飲む続ける必要はなく、症状に応じて内服していれば良い、薬ですね。

ですから医者が出す薬の中にも、症状がなければ飲まなくても良い薬と、症状がなくても飲まなければならない薬など、薬によっても重要性が微妙に異なっているわけです。

効果をみるためにも処方された通りに内服することが大切

例えば吐き気どめの薬などは、作用機序の違う薬が何種類も発売されています。

そして患者さんによっては、同じ内服薬でも効果があったり、なかったりします。

痛み止めも同様に、どれくらいの量が適切かという事は、患者さんによって異なります。

1回の診察だけでは、これらの薬の適切な種類や量を決定するのは難しく、何回も診察しながら適切な種類、量を決定していきます。

はじめに処方した吐き気どめが全く効果がなかったにも関わらず、種類を変えて処方してみると、患者さんがすごくよく効果を実感しているというのはよく経験される事です。

そのためには指示された通りに薬を飲んでいた状態でどのような感じだったか、ということを患者さん側も、医療者側も把握することが必要になってくるわけでわけです。

薬の効果は、患者によって異なる

血圧を下げる薬や、糖尿病の薬などより微妙な調整が求められる薬ではなおさらで、患者さんの薬に対する反応を見ながら、少しずつ調整していきます。

この血圧の薬を1錠飲めば、血圧が20mmHg下がります、なんて決まりきったものはないですからね。患者さんの薬に対する反応をみながら、ということになるわけです。

ここで必要な情報は、いまの薬の種類や量では病気のコントロールがどのような状況なのか、ということを知りたいので、処方された薬を指示通りに飲むことは大切なのです。

「効果がなかった」と言われても、医者が気分を害することはない

痛み止めや、吐き気どめなど効果がすぐに実感できるような薬に関しては、診察の時に患者さんから「飲み続けましたが、効果がありませんでした」と言われても、「そうですか」といった感じで、医者側が気分を害することは全くありません。

むしろ正直に話してくれてありがとう、効果がなくても申しわけありませんと言った気持ちになります。。

そもそも、100人中全員に効果があるような、魔法の薬なんてないですからね。

痛み止めとか、吐き気止めであれば、個々人の感受性は異なりますから、なおさらです。

あまり遠慮せずに本当のことを言っていただいた方が、薬の変更などをすることで、診察はスムーズに行くのではないかと思います。

飲み続けること・使い続けることでマイナスになる薬

2018.04.25



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。