病院で行われる忘年会について

病院で働いている、毎年いろんなところで忘年会が開かれます。

忘年会にもいろんな種類がある

一口に忘年会といっても、いろんな種類があります。

病院全体で行われるおこなわれる大規模な忘年会から、病棟や診療科ことに行われる中規模な忘年会、知り合いの医者だけで行われる小規模な忘年会というのもあります。

これらの忘年会は、病院の規模や看護師さんが加わるかどうかによっても、大きく変わってきます。

病院全体で行われる忘年会

大きな忘年会はホテルで行われることが多い

病院の規模がある程度大きくなると、病院全体の忘年会はもれなくホテルの宴会会場で行われることになります。

これは決してお金をかけているということではなくて、多くの人数の職員が入れるキャパシティーのある会場がホテルの宴会場位しかないからだと思われます。

シティーホテルは結婚披露宴にも対応するために、大抵どのホテルでも大きな宴会会場が用意されています。そのような宴会会場を利用して忘年会を行うことが多いように思います。

また、ある温泉街に近い病院では、温泉街の旅館の大型宴会場を貸し切って忘年会を開催し、そのままホテルに一泊、というようなこともあるようです。

これなら終電を過ぎても安心ですし、温泉にも入れるので、忘年会にはぴったりだと思いました。

大きな忘年会の費用はだいたい1万円

会費は医者は大体1万円位です。

料理とお酒が1万円の価値があるかと言うと、はっきり言ってないでしょう。中華料理で使うような円卓に座り、コンセプトのわからない和食と洋食が混じったようなプレート料理が用意されます。周囲は騒がしいですし、料理を楽しむと言う感じではありません。

規模がすごく大きくなると、バイキングだったこともありました。

さらにアルコールドリンクも物足りず、ビールは瓶ビールで1万円を払うレベルの飲食店と大差ありませんが、ワインや日本酒はその選択肢が極めて限定されており、予算1万円の飲食店では考えられないレベルです。

もちろんたいていは飲み放題なので、ホテル側からすればこれぐらい出してやっていれば十分だろうと言う事だとは思うのですが。あとは費用の大部分は場所代のようです。

忘年会で座る席の配置が悩ましい

もっと大変なのが席の配置でしょうか。

その病院に長く勤めていてどの職員とも顔見知りと言うような状況であれば楽しく会話も弾むのでしょうが、せいぜい自分の診療科と関係する診療科の先生ぐらいしか知らない自分にとっては、なかなか席順ってのも辛いものがあります。

ある時の忘年会では両サイドに全くしゃべったことのない先生が座られ、しかも年上の先生だったので、こちらが会話を振ったりとか、お酒をついだりとかするのに大変苦労しました。

その時の忘年会は全く面白くなく、二度と参加するもんかと思ったりもしました。

したがって病院の忘年会には変わりいい思い出がないのが本当のところです。

割高なお金を払ってたいして美味しくもない料理が出され、しかも緊張しながら隣の人としゃべると言うのはなかなか辛いものがあります。もちろん友人同士や年齢の近い先輩後輩の忘年会はすごく楽しみなんですけれども。

医局でやっているイベント

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。