肩身の狭い独身男性医師。あえて結婚しない医師も存在する




どの世界でも独身とは肩身の狭いものなのですが、それは医師も同じです。

独身であるというだけで、男性医師も肩身の狭い思いをすることが多々あるのです。

飲み会などで肩身のせまい独身男性医師

飲み会の席においては、独身男性はやはり肩身が狭そうです。

看護師や同僚の医師からは「先生はなんで結婚しないの?」とか、「良いお相手はいないの?」などといった質問が飛び交います。

質問されている医師としては、余計なお世話だと言い返したくもなるのでしょうが、先輩から言われた場合には黙って聞き流しているしかないのでしょう。

さらに若くして結婚した男性医師の場合には、お相手の女性は専業主婦で、すでに子供が居る場合も多くあります。

お子さんの話題になった場合などには、独身男性医師はその話題についていけませんから、ますます肩身を狭く感じてしまうでしょう。

自分自身は特に気にしていなくとも、周囲の視線や発言があるがゆえに、肩身を狭く感じてしまうことはよくあるようです。

親からのプレッシャー

もちろん圧力があるのは、職場の人間関係からだけではありません。親からのプレッシャーも相当なものと想像されます。

以前に独身の男性医師と話したことがあるのですが、病院内のプレッシャーよりも、親との関係性を考える方が難しいと話していました。

手塩にかけて育てた息子が、30歳を過ぎても結婚できないとなってくると、ご両親としても心配なのでしょうか。

プレッシャーが強くなってくると、年末年始などは当直や病棟当番を盾にして、実家に帰ることも少なくなったと話しておりました。

病院内における独身男性のおおよその割合

さて独身男性の割合ですが、医者になってすぐの研修医時代には、ほとんどが未婚である一方で、30代ともなれば5人に1人ぐらいになります。

30代後半や40代ともなれば、未婚の男性医師はほとんどおらず、珍しい存在といって間違い無いでしょう。

Yahoo!ニュース 2017.4.12に記載のある通り、30代の未婚率は35-47%程度となっています。男性医師の未婚率はもっともっと低い印象です。

世間一般では未婚化とか晩婚化が叫ばれていますが、医者の世界は決してそうではありません。若くして結婚していく先生が多いのです。

結婚しやすい医師という職業

とはいっても、医者とは結婚しやすい職業であることには変わりありません。収入の面でも、社会的な地位の面でも恵まれており、婚活市場では大人気のようです。

病院の中でもその人気は絶大で、研修医時代にいろんな診療科をローテーションするわけですが、たいていの男性医師は看護師さんと仲良くなります。

そして多くの医師たちが看護師さんと仲良くなってお付き合いを始めるのですね。研修医時代に知り合った看護師さんと結婚していく男性医師は、すごく多いのが現実なんおです。

あえて結婚しない医師もいる

そんな中、独身男性の医師の中には、あえて結婚しない医師もいると聞きます。

その先生たちの話を聞くと、「まだ独身生活を謳歌したい」とか、「まだたくさんの女性と関係を持ちたい」などと少々わがままなことを考えているようです

もちろん結婚したくても結婚できない、本当に肩身の狭い先生もいるのでしょうが、あえて自ら結婚を選ばないという男性医師もいるのです。

独身男性医師におくる医師専門婚活サービスのすすめ

2018.06.07

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。