診療所、クリニック、医院などの定義について

大阪市のホームページ「診療所の定義等」より抜粋

 

診療所とは

医療法第1条の5第2項において、「『診療所』とは、医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業をなす場所であって、患者を入院させるための施設を有しないもの又は19人以下の患者を入院させるための施設を有するものをいう」と規定されています。

医業、又は歯科医業をなす場所であること

医業とは、医療行為を反復継続の意思をもって行うこととされています。
ここで医療行為とは、いわゆる治療行為のみでなく、医師の管理・指示の下で行うべき行為、例えば、問診・エックス線撮影・尿検査等からなる検査行為も医療行為に含まれると解されています。

無床又は19人以下の入院施設であること

医療法第1条の5では、19床以下のものを「診療所」とし、20床以上のものは「病院」と定義しています。なお、医療法のその他の規定においても「病院」と「診療所」で取扱いが異なる規定が多数あるので、注意が必要です。

診療所の名称については、医療法に違反する名称でないことはもちろんのことですが、大阪市としては、市民や患者に対して医療機関であることが容易に認識できるよう、原則として診療所名称には『開設者の姓を冠し、次の範囲内の名称であること』を届出時等に診療所に対して指導しております。

1.診療所  2.クリニック  3.医院  4.診療科目

その他、医療広告ガイドライン等に反するなど、不適切な診療所名称は避けるよう指導しています。

 

診療所、クリニック、医院などはほぼ同義語

とあるので、診療所、クリニック、医院などはほぼ同義語と考えて良いのでしょう。

つまり、法律上は「医者夫婦駅前クリニック」でも「医者夫婦駅前診療所」でも「医者夫婦駅前医院」でもいいわけですね。語呂を考えるとクリニックの方が現代的で患者さんが来そうな気がします。

以外だったのは、大阪市はクリニックの名称には、開設者の姓を含むように指導していることです。

○○公園クリニック、など姓名が入っていないクリニックの名称はよく目にするのですが、大阪市はあまり推奨していないということなのでようか。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?