医学的な質問をしてくる看護師さんはウェルカム

看護師さんの中には、医学的なことを聞いてくる看護師さんもいます。

基本的には看護師さんの質問は歓迎

基本的には私は、このような看護師さん医学的な質問は非常にウェルカムですね。

いま患者さんに行なっている治療によって、患者さんが今後どのような副作用が出てくるかとか、どのようなことに注意して経過を見ていけばよいか、と言うことを医師と看護師さんの間で共有しておくのは非常に大切です。

少しでも症状がが出てくれば、それに対して早期に対処することができますし、看護師さんも医者側の考えがわかることで、看護をやりやすくなるのではないかと推察します。

勉強しようとする姿勢が見えるのも、やる気がある看護師さんということで、医者側の評価も高いと思います。

医学的な質問を歓迎しない医師もいる

ただし医者の中には、看護師さんからのこのような質問を真剣に取り合わずに、適当にあしらってる人もいます。

確かに病棟業務や外来業務でいろいろ忙しい時に、このような質問をされてしまうと、口では真面目に答えていても、頭の中では早く終われと思っていることも確かにあります。ですから聞くタイミングというのも結構重要なのかもしれません。

ただし、医者と看護師は同じ世界でいきる職種なのですから、常日頃から看護師を敵視している一部の医師以外は、状況見ながらであれば必ず快く質問に答えてくれることでしょう。

思わず耳を疑った看護師さんの一言

以前大学病院で働いていた時のはなしです。

治療方針について説明しようとすると、看護師さんから「どうせ副作用が起きても先生が対処するんだから、どうぞ好きにしてください」と言われたことがあります。

まあ確かに患者の全責任を持つのは医師な訳です。ただし本来はチーム医療として、多職種が共同して患者に医療を提供しているわけです。

ですからこのような「私は知りません」的な、責任放棄ともとれる発言をされてしまうと、医者側としてはモチベーションがだだ下がりです。

こういう発言があってからは、その発言をした看護師さんに対しては一歩引いて物事を頼むようになりました。やはり仕事は信頼関係が大切ですから、信頼できないと判断した看護師さんには、重要な仕事は頼めないものです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者だってやっぱりかわいい看護師さんの方がいい

本来は、看護師さんの評価を容姿で見るべきではないと思います。

ただし恋の盛んな研修医時代や若手時代は、どうしてもかわいい看護師さんに目がいってしまいますよね。

研修医時代には看護師さんと飲み会に行く機会が多い

研修医時代には、看護師さんと何度も飲みに行くことがありました。私から誘うこともありましたし、誘われることもありました。

大部分は同期の研修医が仲の良い看護師さんを誘って、という感じで、飲み会にやてくるのは、どちらかと言うとかわいい看護師さんばかりです。

これはもうどうしようもないことなのですが、やっぱりかわいい看護師さんとお酒飲んでいたほうが楽しいですね。男がキャバクラに行って着飾っている女性とお酒を飲むのが楽しい、と思うのと同じ感情だと思います。

あ、キャバ嬢=看護師さん、というわけではないですよ。

かわいい看護師さんには寛容になる医師が多いと思う

仕事をしていて何かしら小さいミスをしたとしても、ツンツンしたおばちゃんの看護師さんだったら、もうしょうがないか、と言う感じで言葉少なに去っていくと思います。

一方でかわいい看護師さんだったら、ちょっといじめたくなるというか、じゃあ気晴らしに飲み行くかと言うような形で誘ってしまうかもありません。もうこれは男の本能ですね。

あまり良いことではないかもしれませんが、美人は正義です。

看護師さんと仲のよかった研修医は、看護師さんと結婚することになった

私の友人が、だいの看護師さん好きで、病棟の若い、かわいい看護師さんと付き合ったり別れたりを繰り返していました。

それだけでなく、外来や違う部署の看護師さんにもモテるらしく、しばしば弁当やお菓子などの差し入れをもらっていました。

ちなみに彼は、研修医の2年間で5人ほどの看護師さんとおつきあいし、最終的には5人目に付き合った看護師さんとできちゃった結婚していきました。

病院内の男女関係をかき乱しながら、最終的には看護師さんと結婚することになった私の同期よ。ああ。でも今は彼はすごく幸せそうです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

すぐ怒鳴る医者は看護師さん評判が悪い

どこの病院にでも、すぐ怒鳴る医者はいます。こういう医者と言うのは、決して珍しくはなくて、医師として働いていれば、絶対に出会うものです。

怒鳴る医者の2例

ある先生は、普段は穏やかなのですが、自分の気に入らないことがあると看護師さんに対して激昂する、怒鳴ることがありました。怒っている内容は、私たちから見ればすごくささいなようなものなのですが、病院内の立場上、看護師さん側がひたすら謝るしかありません。

医師の方も怒りがひと段落すると看護師さんに優しくするようなのですが、その行動を見ていて、周りで見ていた看護師さんはとてもよく思わないでしょう。したがって残念ながら、ほとんどの看護師さんから嫌われているようでした

またある別の先生は、ささいなことで看護師さんを怒鳴りつけてしまい、非常に軽いですが手を出してしまったこともありました。さすがにこれを間近で見ていた看護師長や、診療科の部長が快く思わずに、派遣元の医局に掛け合って彼は病院を辞めざるをえませんでした。

看護師さんにどなるというのは、言語道断

医者が看護師さんに怒鳴りつけると言うのは、はっきりとした原因がないように思います。

仮に100歩譲って仕事上のミスであったとしても、病院の中で一緒に働く同僚に怒鳴りつけると言うのは、あってはならないことです。また感情をコントロールしなければならない医師にあってはなおさらです。

私たちも研修医を叱ることはありますが、決して怒鳴りつけることはありません。それでは原始的な運動部と変わらないじゃないですか。

まぁたいていは怒鳴る原因と言うのは、私たちから見ていると些細なものなのですが。

看護師さんとしては黙ってやり過ごすしかない

一方で、医師に怒鳴られてしまった場合には、残念ながら黙ってやり過ごすしかないのだと思います。一方であまりにも怒鳴り方がひどかったり、暴力があったり、何日も続くようであれば、ぜひ病院の上層部に直訴しましょう

最近では公立病院始め各病院でもセクハラやパワハラに対する規制などは厳しくなっています。さすがに医師に対してであっても、厳正に対処してもらえる可能性があります。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?