主治医を信頼できないときに考えるべきこと

私は普段、がん治療担当しているわけですが、患者さんの中には、今の主治医と合わないんです、と嘆く方もいます。

患者さんの不満の原因

第三者である私には、色々と不満をおっしゃってくれるのですが、その不満は納得できるところもあれば、どうしようもないと思うところもあるわけです。

基本的に主治医の医師としては、患者さんに対して良い情報も、良くない情報も提供していかなければなりません。

そしてがん治療と言うのは、得てして良くない情報の方が圧倒的に多いですね。ですから、どうしても嫌われ者になりやすい状況というのはあるかと思います。

いくら主治医といえども、悪い情報ばかり提供されていては、患者さん側としては信頼できない、という思いが出てくるのも仕方ないのかもしれません。

主治医を変更してもらうのも一考

もしどうしても、今も見てもらっている医者が信用できないと言うのであれば、思い切って主治医を変更してもらうというのも1つの手でしょう。

医者と患者の関係とは言っても、根本的には1対1の人間関係なわけです。

気の合う友人、気の合わない仲間がいるように、医者と患者の間においても、仲の良い悪いがあってしかるべきだと思います。

ですから、その診療科に勤務している医者が複数人いるような場合には、思い切って主治医の変更を申し出るのも1つの方法だと思います。

医療者側からすると、自分のことを気に入らないと言う意思表示なわけですから、当然良い気分はしません。

ただお互いに不信感を持ちながら治療を継続するよりは、最終的には良い結果を生むのではないかと考えています。

病院ごと変更してしまうのもときにはアリ

病院内での主治医の変更が難しければ、病院ごと変更してしまうという方法もあります。

この場合は、診療情報提供書や、画像データなどを用意してもらう必要があるので、若干ハードルが高くなります。

今の時代は、患者がなんでも医者の言うことを何でも聞く時代ではないと思いますので、思い切って自分の主張を伝えることも大切かと思います。

医者と患者の人間関係は非常に大切である

というのも、治療を行う上では、医療者側と患者側の信頼関係が何よりも重要です。

医療者側からすると、信頼している患者の方が気を使わずに自ら考えていることを素直に伝えることができます。

つまり、良い情報も悪い情報も、率直に伝えることができるわけです。

また患者のからも、医者の言葉や治療方針に関してより前向きにとらえることができ、治療もスムーズにいくでしょう。

ですから医師と患者の信頼関係というのは、治療を行う上で最も大切だと思われます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?