お金と健康 – 病気は人を選ばない

ある時医者を30数年やっていて、既に医療の第一線から退いている先生と話をする機会がありました。その先生の言っていたことで1番心に残っているのは、病気の事は分からないと言うことでした。

資本主義社会の現代においては、資本やお金と言うのは非常に重要です。

ものを買うにも、おいしいものを食べるにも、良いマンションを買おうにもたくさんのお金が必要です。

お金は大事だけど・・・

私も日々生活していると、アルバイト先の給料が高かったりとか、当直料が安かったりすると、一喜一憂するような生活をしています。

しかしながら一方である瞬間立ち止まってみると、自分の健康とか命よりはお金なんて大して大事じゃない、と言うことに気づくことがあります。

私も医者を何年かやっていて、思うことなのですが、本当に人間は平等ではないと思っています。

お金持ちで恵まれた人が健康に暮らしていたり、一方でお金がなくて困っている人に病気が降りかかったりします。

ある50代の男性の例

ある患者さんは働き盛りの50代男性で、一生懸命自分の人生を仕事に捧げてきたにもかかわらず、ある時に肺がんと診断されていました。

肺癌と診断されたときにはすでに手遅れで、手術は不可能、抗がん剤を使いながら健康な時間を少しでも長く過ごすということを目標に治療を開始することになりました。

患者さんはもちろん心の内ではいろいろ思うことがあったようですが、医師である私には本音を明かさなかったように思います。

一方で身の回りにいる看護師さんや周囲の人などの話を総合すると、「自分は一生懸命がんばってきたのに、老後の楽しみもあったのに、がんになって幸せな人生を送れなかったのは残念だ」と言うような思いがあったようです。

60代のある患者さん

60代のある患者さんは、末期ガンと言うことで私の外来を受診されました。

お話を聞いていると仕事を定年して、第二の人生を歩もうとしていた、まさにその時にがんが見つかって非常に困惑しているということでした。

定年後は奥さんと旅行に行ったり、お孫さんと遊んだり、そのような人生を歩むもうとしているまさにその矢先でした。

60年間真面目に生きてきて、ようやく自由な時間が手に入ったと思ったら、病気になってしまうなんてなんとも悲しいというかお気の毒というか、私もうまく言葉をかけることができませんでした。

90歳まで好きに生きる人もいる

そうかと思えば、90歳近くまで好き勝手生きて、ようやく病気になって、それでもまだ長生きしたいとおっしゃって病院に来られる方もいます。

私から見ていると好き勝手生きてきて、それで90歳まで生きたのだからもう生きることに未練は無いだろうと思ってしまうのですが、人間と言うのは貪欲なものでずっと生きていきたいものらしいのです。

そして幸せなことに、そのような患者さんの病気はがんばれば治ってしまうものだったりするのですから、人生は本当にわからないものです。

命は平等ではない

このような話は何もこの患者さんに限ったことではありません。

日々病院の中で働いていると、命とか生命ということに関しては、本当に平等ではないと言うことを痛感させられます。

その患者さんたちから私が学べる事と言うのは、何気ない日常の今を一生懸命そして幸せに生きるということが、人間の最大の幸福なのではないかと言うことが感じられます。

たとえ収入が高くてお金をたくさん持っていたとしても、現代の医療では治せない病気がほとんどです。

もちろん病気の治療するには少しばかりのお金は必要ですが、1億円、10億円、100億円消費したとしても健康や命というものは買えません。

人生は何が起こるかわかりません。交通事故で死ぬかもしれないし、病気になって自分の人生の終わりが目の前に迫ってくるかもしれません。

自分が死ぬときに満足したと思えるような人生を送るため、やはり今日一日を精一杯生きるという事しかないのかと思います。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。